フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« (完結)投信、ETFの二重課税を探して | トップページ | 忍耐と煩悩のブログ開店2ヶ月-再びのご挨拶にかえて »

2010年4月28日 (水)

日経マネーを読んで

私は日経マネーを毎月購読しています。(購読開始から現在1年半経過)他にも月刊のマネー雑誌はいろいろありますが、インデックス投資家としては、直接的に参考となる記事、情報を載せた雑誌は皆無であり、最低限としてこの日経マネーだけで十分と考えています。

その日経マネーにしても、やはりインデックス投資家としては、参考にならない記事が大半です。「損切りルールをまもりましょう!」と口酸っぱく書かれても、「はあそうですか。」です。最近は毎月買うのはさすがに無駄かなあと思い始めてきました。

そんな中、6月号は個人投資家のアンケート特集であり、数少ない興味深い記事でした。

実は、私WATANKOも昨年の同特集向けのWebアンケートに回答したところ、日経マネーの記者から依頼がありインタビューをうけたことがありました。インデックス投資をはじめたきっかけ、自分の保有商品、アセットアロケーションなどを話した記憶があります。そして今年もWebアンケートに回答しました。
そんな経緯もあってか、今月の特集は興味深く読ませていただきました。

ですが....残念ながら自分の今後の投資行動には、あまり参考にはなりませんでした。

1.特集記事でいうところの勝ち組と負け組の間で経済行動、投資行動には書かれている記事ほど大きな差があるとはおもえませんでした。(持ち家やマイカー所有の比率に大差ありませんでした。またまるで結婚や子供を持つことがお金持ちになることとトレードオフにもみえます。)

2.紹介されていた億万長者とよばれる人たちの属性には以下の傾向がみられ、「そりゃあ、お金が貯まるよね」という当たり前の事情がわかっただけであったりします。
1)金融機関勤務者や、医者、弁護士など基本的に収入が高い人
2)車も持ち家もない人
3)40歳過ぎでも独身、あるいは既婚・子供なしで生活費をとことん切り詰められる人
4)結婚していても共稼ぎで、自分だけでなく奥さんも結構しっかり稼いでいる人
5)高齢者(蓄財にかけた年数が長い)

私としては本当にほしい情報は、普通の中年サラリーマン(年収5百万円~10百万円未満)で自家用車を維持し、子供1~2人の教育資金が必要、住宅ローンを抱えているなど典型的な日本の給与所得者(でもこういった属性がすべて当てはまる人も、今では想像したより少ないかな?)が、

*資産運用に対してどのような潜在的ニーズを持っているのか
*実践している投資法は何か、これまでの結果はどうであるか
*家計の節約と管理はどのように行っているか
などについて深堀して知りたかったです。

まあ1億、2億貯めました&運用益出しましたというキャッチーな記事は商業雑誌である以上仕方がないかもしれませんが、何か昨年の同特集以上に極端な事例ばかりが紹介されていて、事例が多い割には、読んだ後、頭になにも残らないように思えました。

日経マネー、これまでは毎月購読していましたが、やはりしばらく軽く立ち読みしてみて、有益な情報が少なくとも20ページくらい以上は載っていそうな時だけ、買うことにしようと思います。あるいは市内の図書館で読むとしますか...。

(脱力系の内容であり、駄文をお読みいただいた方、ありがとうございます。今回はお目汚しかもしれませんがお許しください。)

« (完結)投信、ETFの二重課税を探して | トップページ | 忍耐と煩悩のブログ開店2ヶ月-再びのご挨拶にかえて »

図書雑誌」カテゴリの記事

コメント

>>事例が多い割には、
>>読んだ後、頭になにも残らないように思えました。
同感です。
真似ようと思っても、
パターンが多すぎて目移りするし、
また逆に、
事例ごとの掘り下げが足りなくなっている気がしました。

>>あるいは市内の図書館で読むとしますか...。
私は図書館派です(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/48202695

この記事へのトラックバック一覧です: 日経マネーを読んで:

« (完結)投信、ETFの二重課税を探して | トップページ | 忍耐と煩悩のブログ開店2ヶ月-再びのご挨拶にかえて »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト