無料ブログはココログ

ブログランキング

« 実績とはかくも説得力ある数値 | トップページ | ETFはやはりタイミング投資を誘発する »

2010年6月17日 (木)

フィデリティ投信の意味不明な宣伝文句

日経新聞の月曜日朝刊には個人向けマネー特集がいつも載っており、WATANKOは通勤電車の入線を待ちながらいつも読んでおります。その新聞上、最近よく全面広告が載っているフィデリティ証券の投資信託があります。

「フィデリティ・USハイ・イールドファンド」
「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド」

全面広告を使って、おーおーコストかけておるな~と思いつつ、ふとそこに書かれていた宣伝文句を何度も読んでみたのですが、さっぱりわけがわかりません。

『フィデリティの分配力+(プラス)』
『分配力とは分配金の原資を積み上げる力、すなわちトータルリターンを高める運用力を意味します。分配力プラスとは運用力に加えて、長期的観点から運用収益を分配していくことで、分配金を生み出し、分配金を支えることを目指す、フィデリティのファンド運用の特徴を示す独自の表現です。』

あくまで分配金の原資というなら、元本から充当してもよいわけですよね。あたかも分配金の原資は、元本の運用収益のみだと誤解を招く表現だと思います。

さらにわからないのが分配力プラスなる概念です。ここでいう長期的観点とは何なのか?また「分配金を生み出し、分配金を支えることを目指す」とはとどのつまり運用収益をあげること(ひらたくいえばアクティブ運用か)を言っているくらいにしか、私には翻訳できません。そんなことはどのアクティブ投信でも目指していることであり、フィデリティだけが特別にもっている運用概念ではありません。

念のため、フィデリティ投信のWebサイトにある「分配力プラス」を解説したスペシャルサイトを覗いてみましたが、やはり私の上記疑問は解けませんでした。

「フィデリティ・USハイ・イールドファンド」
「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド」

「分配力プラス」って、一体なにを勿体ぶって、さも独自性があるがごとく謳っているのでしょうか?

こうしたコピーで、さも儲かりそうに宣伝されていますが、果たしてこの宣伝を読んだ人が、「分配力プラス」の意味を理解し、そこからこの投信の購入の是非を判断できるとは考え難いです。

そこで、結局目に付くのは実績。2010年5月の一万口あたり分配金実績は、

「フィデリティ・USハイ・イールドファンド」85円
「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド」150円

「どうです。グロソブなんかよりすごいでしょう。」と運用担当者の声が聞こえてきそうです。結局この数値に魅かれて、購入してしまう人もいるのが現実なのでしょう。

どうでもいいですが、「フィデリティ・USハイ・イールドファンド」は設定来の累積リターン38%を謳っておりますが、設定から12年間ですから単純割で年間平均リターンは3.2%となります。ハイ・イールド債でこんなもんなの?(リーマンショックを挟んだから仕方なしか)

さらにどうでもいいですが、「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド」の運用担当者であるMr.ブライアン・コリンズは2006年にフィデリティに入社したとありますから業歴はたった4年です。それ以前はどんなキャリアやら。ひょっとして2006年に新卒入社かよ?そういえば写真の顔って30歳くらいにみえてくる。うーん、そんな若造に任せるなんてちょっと不安...。

話が本筋と外れたのでもとに戻して、最後に一言。

儲かりそうな投信をお探しの貴兄、意味不明なレトリックで、さも独自価値がありそうに喧伝する投信にひっかからないのも大事な金融リテラシー?ではないでしょうか。
(分配金の意味するところをよくご理解いただくことも言うまでもありません。為念。)

なお、私はこの2本の投信がダメな投信だと言っているわけではありません。ハイ・イールド債の中では優秀なファンドかもしれません。がしかし投信そのものとは別に、その宣伝文句に???が点灯した次第です。

この資産運用に無学な初心者個人投資家にどうぞ教えてください。分配力+(プラス)の意味を。

« 実績とはかくも説得力ある数値 | トップページ | ETFはやはりタイミング投資を誘発する »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

実は、私はまさにその両ファンドを毎日買ってます。
その広告が出始めたのがいつだったか?忘れてしまいましたが、結構前からだったと思いますけど、
私はそれに釣られたのではなく、
フィデリティ証券のノーロードキャンペーンに釣られました(^^)
しかし、おっしゃられる通り、このコピーは釣り針ですよねえ・・・
こんなものに費用をかけるくらいであれば、信託報酬を引き下げるために使って欲しい。
まあ、これで人気が出て、利益が上がって、それをもって、という具合になれば良いですけど、期待するだけ・・・

本来であれば、購入している私が先に取り上げるべきネタでしたね(^^)

すいません。
ご趣旨に「なるほど」と思いましましたので、
勝手ながら、私のブログでこちらを紹介させていただきますね。

40歳無職さん

レスありがとうございます。記事でもふれましたが、あくまで宣伝文句のみに対する感想です。もし良いファンドだと確証が得られれば、そっと私にだけ教えてください(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/48657157

この記事へのトラックバック一覧です: フィデリティ投信の意味不明な宣伝文句:

« 実績とはかくも説得力ある数値 | トップページ | ETFはやはりタイミング投資を誘発する »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介