無料ブログはココログ

ブログランキング

« (続)日本債券アセットの投資信託選び | トップページ | 不動産の一番良い(かな?)活用法 »

2010年9月18日 (土)

投資生活=放置生活?

先日の投稿内容にあった一つや二つのアセット選び(=金融商品選び)を考えるとき、FOFにすれば良いじゃんという発想も当然でてくると思います。“投信定食”とも称すべきFOFですが、最近はどんな状況でしょうか。販売期間が長いのはある程度純資産が貯まるのは当然なので、ここでは信託報酬が安い代表的なFOFの直近の資金流入額を比較してみました。(金額単位は百万円です)

201009013


予想はしていましたが、セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドの一強多弱な状況ですね。ミハエル・シューマッハ全盛期のフェラーリみたいです。(F1ネタです。知らない方すみません。)

で、その他多弱の一つである野村JOY(旧ジョインベスト証券)が販売しているFOF、ジョインベスト・グローバル・バランスファンド(以降、投資生活)。

これも今やWATANKOにとっては塩漬け投信の一つです。別にこのファンド自体が悪いわけではなく、現在は個別アセットごとに商品を購入するスタンスなので、FOFの購入動機がなく、2009年1月をもって毎月積立を中止し、現在保有のみの状態となっいるため、相場下落時の追加購入がなされず、購入単価が下がっていないため評価損を抱えた状態です。

この投資生活ですが、販売当初はノーロードで購入できなかった中央三井インデックス投信の日本株式、先進国株式、先進国債券が各1/3で構成されたFOFです。この投資生活はノーロードで購入できるため中央三井インデックス投信を購入したい人にとっては当時は一考に値する投信であったかもしれません。信託報酬も0.63%と当時のみならず現在でも安価といえる水準です。

その後、個別の中央三井インデックス投信が一部のネット証券でノーロード取り扱いとなったり、更には今春からさらに信託報酬が安いCMAMインデックスeシリーズが発売されるなどが現況下、この投資生活も、ちょっと大げさですが命脈も尽きたかなという印象があります。

最近の資金流入額をみると40百万円です。発売開始初年度は月間100百万円程度の流入額でしたが2009年になってからは半減し、2010年4月はわずか1百万円(相場上昇したので売却した人が多かった?)でした。現在、純資産1,680百万円であり、これで独立採算が取れているのか不明ですが、野村としてはハッピーではないことは確かでしょう。

この投資生活、幸いにも信託報酬は上記にあげたととおり安価なので、保有継続の負担は少ないですが、私としても相場が回復し、損益トントンになったところでさっさと売却し、積立してる個別アセットのインデックス投信の購入資金に廻したいと思います。それまでは投資生活ならぬ「放置生活」といったところでしょうか。

しかしFOFと個別アセットのインデックス投信の組み合わせを併せ持つというのは奇妙な感じです。どちらか一方で十分なのかもしれません。このFOFを購入当時は自分でもFOFについての自分の考え方を整理しきれない、ごく初心者の頃でしたと言い訳しておきますが。

なお現在では、FOFについては「子供たちへの資産継承用の金融商品」としての役割を見出しています。セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドを積み立てているのはその長期間トライアルでもあります。

<追伸>たまたま本記事投稿のタイミングと前後しますが当該ファンドの名称が「グローバル・インデックス・バランスファンド」に変更になりました。これまた無色透明な名称ですね。

« (続)日本債券アセットの投資信託選び | トップページ | 不動産の一番良い(かな?)活用法 »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

私は細切れのアセットを持つのが嫌いなので、
投資を始めたものの、その後何かの理由で中止したものは、
出来るだけ早く処分して、集約することにしています。
そうしないと管理が面倒ですから(^^)

mushoku2006さん

レスありがとうございます。

私も基本的には貴殿と同じ考えです。

一定の資金需要が出た時には、ほかの評価益がでている投信とあわせて課税額をゼロに近づけるという条件を具備してさっさと売却したいです。

mushoku2006さん

今まで貴ブログに何度か投稿しようと試みたのですが、なぜか受け付けてもらえませんでした。(よってここでお知らせしております)

URLに記載するとダメ?名前が日本語でないとダメ?なにか制限をかけておられるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/49436423

この記事へのトラックバック一覧です: 投資生活=放置生活?:

« (続)日本債券アセットの投資信託選び | トップページ | 不動産の一番良い(かな?)活用法 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介