無料ブログはココログ

ブログランキング

« 柳の下のn+1匹目のドジョウ-野村インデックスファンド(Funds-i) シリーズ設定 | トップページ | eMAXIS全世界株式を買いましょう »

2010年11月23日 (火)

CMAMシリーズを買いましょう

ここは自分のブログであるし、素人個人投資家の思い込みを発散する(笑)場なので、今日はあえて勝手なことを書かせてもらいます。

インデックス個人投資家の皆さんはインデックス投信の信託報酬が下がることを期待しており、ブログなどでずーっと昔からそれを唱えられております。

基本4資産に限ってですが、今現在、信託報酬が最安値のインデックス投信は三井中央アセットマネジメントのCMAMインデックスeシリーズです。私は先進国株式と同債券はこのシリーズを積み立てております。
(日本株式はTOPIX連動にこだわっておらず、日経225連動のニッセイ日経225インデックスの方が信託報酬が安いため、こちらを積み立てしています。また日本債券アセットはそもそも現時点では積み立てしておりません。)

「インデックス投信の信託報酬が下がることを期待している」インデックス個人投資家は言行一致であるならば、このCMAMシリーズを買っているのでしょうか?

*その他の費用がわからない。

*純資産が積み上がるまで待つ。

*自分が利用しているネット証券では取り扱っていない。 エトセトラ...

いいですよ、上記のようなその他の理由でもってCMAMを買わないというのであれば、それでは、これらの理由がなくなれば本当に、本当に買うのでしょうか?

私も「インデックス投信の信託報酬が下がることを期待している」インデックス個人投資家の一人です。その原理原則に従い、上で述べたとおりCMAMを積み立て購入しております。

しかしながらインデックス個人投資家が同様に、信託報酬の最安値の投信をどんどん買ってくれなければ(言行不一致であれば)、最安値投信の販売は伸びません。それは運用会社からみて信託報酬の今後の引き下げ検討にとってネガティブになると思うのであります。

「やはりなんといってもインデックス投資の販売を伸ばすのは信託報酬の低減が一番効果が大きい」ということを各運用会社の商品企画担当に強く印象づけることが大事なのではないでしょうか。

例えば先日とりあげたMHAMシリーズなどは信託報酬が高いため一瞥もくれないインデックス個人投資家が、一方でCMAMも買っておらず(理由は定かではありませんが、)3年前から○○○○インデックスファンドを引き続き積み立てしている。こんなシチュエーションはごくまれであることを願っております。

ETFがある?

あの面倒くさくて積立に不向きな商品で本当に十分でしょうか?

せめて定期定額積み立てサービスと分配金自動再投資サービスを提供してくれる運用会社があれば私も今後新規購入を考えてもいいですが。

« 柳の下のn+1匹目のドジョウ-野村インデックスファンド(Funds-i) シリーズ設定 | トップページ | eMAXIS全世界株式を買いましょう »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

私もそう思います。

三井中央AMが、がんばって低信託報酬のCMAMシリーズを出したのに誰も買わない。
これじゃ、他の運用会社も、低信託報酬のリスクを負ってまで、CMAMより信託報酬を下げようなんて思わないですよね。

CMAMの販売量が増えて、信託報酬値下げ合戦が起こって、さらに低信託報酬の投信が登場する。このような個人投資家にとっていい流れになればと思います。
そのためには、皆でCMAMを買わないと!

個人的には、CMAM外国株式を積み立てています。日本株式は、信託報酬の低さに負けて、1306を毎月買っておりますが・・・(ごめんなさい!)

> 定期定額積み立てサービスと分配金自動再投資サービス
これは、ぜひ欲しいサービスですね。
ネット証券で、どこかやらないかな・・・

カレーさん

レスありがとうございます。

CMAMは販売チャネルがSTAMやeMAXISに比べて限定されているため、絶対額としては劣後する状態がつづくと思いますが、頑張ってほしいですね。

一方でFunds-iシリーズ(信託報酬がSTAMやeMAXISと同レベル)がそこそこ売れたりすると、そこで信託報酬低廉化が下げ止まりとなるような気がします。

私の主張と全く同意です。
CMAMインデックスシリーズがもっと認知されていくと良いのですが。
こうやって少しずつでもブログに書いていくしかないですね。

kenzさん

レスありがとうございます。

しかしまあ、CMAMってSTAMやeMAXISと違って話題に乏しいですから、ブログで取り上げるのも困ったものです。

私もCMAMのインデックスファンドを応援します。日本株、日本債券、世界株式の三つのファンドを積立購入しています。これらを応援する理由は、1)調べたなかで最も低コストであったこと 2)ベンチマークに配当込の指数を採用していること です。
このような低コストで、まじめなインデックスファンドが増えることを期待します。

ただ、心配は来年の4月に中央三井が住信と合併するとの報道です。両社は同じインデックスのファンドを出しており、どうなるか心配です。両方の商品の良いとこどりをした(低い方の信託報酬で、配当込み指数をベンチマークにした)ファンドになってくれるとよいのですが。

リージンさん

レスありがとうございます。

私もCMAMよりも信託報酬が低いインデックス投信が発売されない限り、先進国株式はこのシリーズを購入します。

今年のFund of the year 2011でどこまでランキングされるか楽しみですね。

中央三井と住信ですが、金融機関というものは合併してもなかなかいろいろなものがすぐには統合されないことが多いです。例えば人事なんか数十年もたすき掛け人事が続いたりします。CMAMもSTAMもしれっと併存するのではないかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/50104849

この記事へのトラックバック一覧です: CMAMシリーズを買いましょう:

» CMAMインデックスはもっと評価されるべき [インデックス投資日記@川崎]
4月から購入可能となったCMAMインデックスシリーズは、先行のSTAM、eMAXIS両インデックスシリーズと比較してまだまだ純資産額の伸びは悪いです。 中央三井アセットマネジメント インデックスファンドeシリ...... [続きを読む]

« 柳の下のn+1匹目のドジョウ-野村インデックスファンド(Funds-i) シリーズ設定 | トップページ | eMAXIS全世界株式を買いましょう »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介