無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2011年投資計画の検討②塩漬けファンドのサルベージ? | トップページ | インデックス投信をあれこれ持つ経緯 »

2010年11月 5日 (金)

2011年投資計画の検討③まずは5つの投信から?

(前回からのつづきです)

塩漬けファンド10本のサルベージを行うとしたら、その具体的な方法ですが、まず対象とするのは以下の5商品です。

・三菱UFJインデックスファンド225
・PRU海外債券マーケットパフォーマー
・年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無し)
・SBI資産設計オープン(すご6)
・グローバル・インデックス・バランス・ファンド


この5商品合計で元本5,000千円に対して、10月末で評価損が928千円発生しています。

この5商品に対してそれぞれ毎月50千円ずつ投資し、毎月の平均購入単価と基準価額のとの乖離がどれくらい縮まるか確認していきます。平均購入単価が基準価額に近づいたところで追加購入をストップし、相場が多少上昇して基準価額が平均購入単価を上回ったところで即売却します。

さてこれ以外の塩漬け投信として少なくとも2つの投信があります。

・ニッセイTOPIXオープン
・PRU海外株式マーケットパフォーマー

この二つは現在、野村JOYの証券口座にて保有しています。これもそれぞれサルベージしたいのですが、野村JOYではインデックス投信の購入を取り扱っておらず、追加購入ができません。この2つの商品の評価損の分(10月末合計では約400千円)は、他の商品の売却益とぶつけるしか手がありません。

次はETFですが、この売却もかなり迷いどこです。

・TOPIX連動型上場投資信託(1306)
・上場インデックスファンドTOPIX(1308)
・iシェアーズMSCIコクサイインデックスファンド(TOK)

問題は複数の理由で購入ロットを大きめに持つ必要があることです。

1)購入ロットが小さいと販売手数料が嵩みます。国内ETFは比較的安価ですが、海外はとくに注意が必要です。(まったくもうETFのデメリットに晒されています。)

2)国内でも1308は1000株単位という制約があります。(今回趣旨に照らした場合、一度に900千円超の資金拠出が難しいです。1308は単独ではもう売却損発生を覚悟しなければならないでしょう。)

3)海外の場合は一度米ドルを購入するため、ここでもバッファが必要になってきます。(ドル建て購入金額が市場で変動するため、余裕をもってドルを購入する必要があります。)

上記に加えてこの円高傾向にある中で、TOK売却後の円換算はやはりどうにも抵抗感が大です。

上記事情から、せめて1306くらいは今回サルベージの対象にしてもよいかと思いますが、他の2つについては、現在只今は迷っております。いっそこのままで最後はEEMの売却益と抱き合わせにするかという手もあります。

私のこの上記のアイデアは、多くの人?から見て意味の薄いことかもしれません。

ずいぶんと面倒くさいことをしているとおもわれるかもしれません。

しかし現状ではファンドの売却損と売却益をぶつけるやり方だけでは、評価損を抱えるファンドを一掃できません。

今回はその評価損の程度を緩和するためのチューニングであり、こうやったら、果たして思惑通りにいくか、どうなるかという実験的な意味合いもあります。


・・・と以上長々と検討してみたのですが、年内一杯は少し頭を冷やしてみたいと思います。

うーん、所詮どのファンドを買っても相場があがれば同じなんですけどね。

« 2011年投資計画の検討②塩漬けファンドのサルベージ? | トップページ | インデックス投信をあれこれ持つ経緯 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

悩んでいらっしゃいますねえ・・・
お気持ちは分かる気がします。
私も同じ立場であれば、あーでもない、こーでもないと、
色々シュミレーションをすると思います。

ただ、ご自身も分かっておられますが、
>>うーん、所詮どのファンドを買っても相場があがれば同じなんですけどね。
ここに尽きると思います。

ですので、上がるという自信のあるアセットクラスで、
一番手数料や信託報酬が安い投信に資金を投入するか?
それが難しいのであれば、アセットクラスを分散させて、
各アセットクラスでシンプルに資金を投入し、
相場の好転を待って、含み損との相殺を狙う。
こんな戦略しかなさそうな気がしますが・・・

mushoku2006さん

レスありがとうございます。

吊られた男さんへのレスにもうかがえるとおり、迷っております。

今春の程度の相場上昇がくれば、塩漬けファンド+STAMの先進国株式、国内外のRETIで損益トントンになるのですが。

昨日の日経平均上昇はうれしい兆候。あとは10円くらい円安になって頂戴。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/49888827

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年投資計画の検討③まずは5つの投信から?:

« 2011年投資計画の検討②塩漬けファンドのサルベージ? | トップページ | インデックス投信をあれこれ持つ経緯 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介