無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2010年の投資を振り返る | トップページ | 相続税は増税ですか... »

2010年12月22日 (水)

2011年の投資計画

2010年の振り返りを経て、2011年の投資計画を以下の通りとしてみます。

1.現在(2010年11月末)の積み立てポートフォリオ(=以下PF。これは目標PFとも換言できます。)は以下のとおりです。

2010pf

みんなのインデックスによる各指標の試算は以下の通りです。(以降同じ)

*リターン      6.2%
*リスク      16.1%
*シャープレシオ  0.38

2.1のPFについて見直しを行いました。2011年はこのアセットアセットアロケーションにて積立投資を続ける予定です。

2011

*リターン      6.3%
*リスク      14.3%
*シャープレシオ  0.44

おお、リターンとシャープレシオはあがり、リスクは減っているではありませんか。一応。

【変更点】
1)REITのシェアを下げる
日本、先進国ともに積立額を2010年の半額に減らします。REIT自体の積立をやめてしまおうかと思いましたが、金額を引き下げて継続してみます。理由は日本、先進国ともに結構利益がでており、これをスパットやめるのは抵抗があること。またREITの値動きの行く末をまた試しに見ていきたいという関心もあるからです。(購入していないとチェックする気が起きてこない)

2)日本債券のシェアを上げる
REITの積立金額の減額分をそのまま日本債券に充てます。といってもMRFなんですが。これにより積立金額のPFに占める日本債券のシェアは11%から17%に増える予定です。

ちなみに1年後の予想PFはこんな感じです。
前提条件)
1.かねてから想定している大きな資金需要が発生、ETFと塩漬け投信、それに売却損益トントンにすること及びPFシンプル化のため、REITを全額売却する

2.2011年1年間の積立を3の配分で実施した場合の元本額を加算(ただしREITは上述のとおり全額売却)

2011_2

*リターン      5.8%
*リスク      14.3%
*シャープレシオ  0.38

まあ現在とリスクは変わりませんがリターンとシャープレシオは今一つですね。今年の積み立て分の評価損益変動が反映されていませんから、参考程度にとどめておきますが。

なおREITと同様、新興国も評価が伸びており2011年の積み立てにおいては積み立て額を減らすことを検討すべきかと思いました。
しかしながら大きな資金需要が生じた時にはEEMを躊躇なく売却する予定であり、それにより新興国株式のウェイトが大きく減る見込みですので、まあ積み立ては従前どおりでいこうかと考えています。

さ~て、来年も積み立てるゾ

« 2010年の投資を振り返る | トップページ | 相続税は増税ですか... »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/50341077

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年の投資計画:

« 2010年の投資を振り返る | トップページ | 相続税は増税ですか... »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介