無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2010年12月末運用状況 | トップページ | 確定拠出型年金用投信の2010年12月末状況 »

2011年1月 2日 (日)

(続)2010年12月末運用状況

(前回からのつづきです)

前回の続きとして、ファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたアセット別のパイ・チャートは以下のとおりです。

201012313


さらに「わたしのインデックス」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに期待リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*期待リターン   6.1% (6.1%)
*リスク      16.1%(16.0%)
*シャープレシオ  0.38  (0.38)

また投信だけのものも作ってみました。

201012314


<概況>
株式アセットはどれも復調傾向がみられましたが、一方で先進国債券が損失拡大しました。またREITは相変わらず絶好調です。FOFも債券を半分入れているセゾンはやや悪化、REITを入れているすご6はやや改善といったところです。

2011年1月の積立からREITの金額を日本、先進国ともに半減させるのですが、上昇しているアセットの積立額を減らすというのは少なからず抵抗があることを実感しました。でもこれがいわゆるひとつの「リ・バランス」ですから決めたとおり実行したいと思います。

« 2010年12月末運用状況 | トップページ | 確定拠出型年金用投信の2010年12月末状況 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/50454816

この記事へのトラックバック一覧です: (続)2010年12月末運用状況:

« 2010年12月末運用状況 | トップページ | 確定拠出型年金用投信の2010年12月末状況 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介