無料ブログはココログ

ブログランキング

« 高齢者よりも若者を雇用してほしい | トップページ | 2011年7月の積立購入商品 »

2011年7月28日 (木)

インデックス投資をやっていて後悔なし(今のところ)

先日「ウォール街のランダム・ウォーカー」(第10版)を読んだのですが、さらにその後チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」(第5版)を今更ながら読みました。インデックス投資を強く勧めるその論調に少しインデックス投資教という宗派への帰依が高まったような気分です。

それにWATANKOの場合、以下の事情もあってインデックス投資が自分にとって適当と考えています。

■資産運用をあれこれ考えて、多様な金融商品を、手間をかけて購入、メンテナンスしていく時間的余裕がない。

サラリーマン稼業、長距離通勤、副業(家業?)の不動産賃貸業、家族と過ごす時間、その他日々の雑務に追われとても資産運用について勉強と試行錯誤をやっている時間的余裕はありません。

■不動産投資リスクに加えてさらなるリスクの追加は制限すべき。

WATANKOの場合、リスク商品による資産運用の原資は不動産投資というリスクをとって得た資金が主要なものです。その資金を投じた金融商品による資産運用を考えた時、不動産投資リスクにさらにリスクを上乗せしようとするのですから、個別株やFX、特定分野対象に限定したファンドなどには資金を投じる気にはなりません。

いま現在、これまでの積み立て投資の原資の7~8割方を占める不動産賃料の中でメインとなる物件が賃料未収トラブルにあっているため、毎月の積み立ては従前の1/5程度に落ち込んでいます。

この円高時期に海外アセットの商品をしっかり仕込めないことは残念ではありますが、長期の投資においてはこのような時期もあるでしょう。

不動産賃貸トラブルの解決・再出発の際には、またガッツリ積み立てていきたいと思います。

« 高齢者よりも若者を雇用してほしい | トップページ | 2011年7月の積立購入商品 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/52292658

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス投資をやっていて後悔なし(今のところ):

« 高齢者よりも若者を雇用してほしい | トップページ | 2011年7月の積立購入商品 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介