無料ブログはココログ

ブログランキング

« 自分の投資ポリシーを整理してみる | トップページ | 学校で酒を飲む大人達 »

2011年9月17日 (土)

(続)自分の投資ポリシーを整理してみる

【9月15日終値ベース運用状況速報】
・投資元本総額 46,044千円
・評価損益   ▲4,796千円
(分配金込み)
・損益率    ▲10.4%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


(前回からの続きです)

万年素人個人投資家のWATANKOの投資ポリシーの続きです。

7.ポートフォリオの組み込む割合に迷うアセットクラスにはAll or Nothingではなくて、許容できる上限%と最低限持ちたい下限%の間で、その中間水準を採用する。

そのことによりそのアセットの悪い結果をそこそこ緩和し、良い結果をそこそこ享受するようにしてます。例えば具体的に悩むのは日本株式と先進国債券です。日本株式は10%~30%、先進国債券は5~20%のレンジ内の中間域に収めています。

8.日本債券クラスはもたない。

預貯金、年金、保険を通じて間接的に日本債券クラスにまずまずの額を投資しているので、自分のリスク資産とのカップリングとして買い足さなくても良いと考えています。リスクの許容量は全ての金融資産の中でのリスク資産の合計金額によって調整します。

9.FOFを1本だけ保有する。

自分のオリジナルのポートフォリオと比較する、ある種のベンチマークとして購入してみること。それと将来、子供達への毎年コツコツ生前贈与時するときに、その一部資金をあてて購入する金融商品としてふさわしいか見極めるために保有しています。

10.生活防衛資金は持ちません。

副業(家業?)の不動産賃借業の運転資金として現預金はある程度持っていますが、いわゆる生活防衛資金は持っていません。

かなりまとまったお金がどうしても必要になった時には運転資金からの一時立替したり、数か月前から察知できれば投信積立を金額減少/中断させるなどして資金手当てします。

さらにはそれでもカバーできないときにはリスク資産をあっさり売却します(税金コストがかからない、ないし最少となるような商品組み合わせで売却することはいうまでもありません)

11.保険は掛け捨て中心。貯蓄性を全く求めていません。

死亡一時金は先日の見直しを行い、ほぼ半減させました。医療保険もつけていますがダイエットしました。本当は医療保険についてはいらないと思っています。しかしながら家族の反対もあり継続中。

保険については死亡一時金や医療保険がどれだけ必要かという視点からではなく、自分がどれだけ毎月保険料を支払えるかという視点から考えています。支払える保険料で受けられるサービスが、その人の可処分所得にふさわしい水準です。もちろん同じ保険料でより手厚いサービスをうけられる保険商品を探すのは賛成ですが、はじめに手厚いサービスありきで、高い保険料を支払う事態は避けたいです。

12.預貯金の金利にこだわりません。

金利が少しでも高いところを探して、あちこちに口座を作ったり、手間をかけたりはしません。低金利を甘受する一方で、むしろ支出抑制コントロールの目標を掲げて実行します。

また一行に10,000千円を超える残高を保有しないことがよく言われていますが、私は財閥系フィナンシャルグループの都市銀行であれば10,000千円以上預けても構わないとも考えています。例えば東京三菱UFJ銀行が破綻するときは、すなわち日本が破綻する時だと思っていますから、預金を分散させてもあまり意味がないと考えています。

13.最後に上記の投資ポリシーについては今後変わる可能性を否定はしませんが、ひとつだけ言えることは手間がかかるものはやらないということです。

一応3年半以上も資産運用してきたので、頭の整理整頓がてら上述のとおりあげてみました。といっても、日本ブログ村の投資信託カテゴリーの上位にいつもランキングされているブロガーの皆さんのような金融リテラシーは持ち合わせてはいませんからサプライズなポリシーはありませんが、何かコメントいただけたらありがたいです。

« 自分の投資ポリシーを整理してみる | トップページ | 学校で酒を飲む大人達 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

日本債券クラスは困りながらもごく少量保有しています。預貯金と一緒でも、、、という考えはありますね。

>東京三菱UFJ銀行が破綻するときは、すなわち日本が破綻する時
確かにそうなんですよね...大銀行ならペイオフ気にしても仕方ない、と思います。
それを考えるなら、日本に収まらず海外移住出来る状態にするなどしないと、難しい気もしています。


ポリシーは基本的に崩さず、がベターですよね。変えるとしても、徐々にやるとか、検証を重ねてからの意思決定にした方がよいですよね。

PETさん

レスありがとうございます。

>日本債券クラスは困りながらもごく少量保有しています。預貯金と一緒でも、、、という考えはありますね。

日本債券クラスはいらないといいつつも、記事で書き忘れましたが、社債に分散投資する日本債券投信なら買ってみたいです。

具体的にはニッセイ日本インカムオープンが信託報酬0.4%代くらいでかつ、無分配型なら買いたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/52696484

この記事へのトラックバック一覧です: (続)自分の投資ポリシーを整理してみる:

« 自分の投資ポリシーを整理してみる | トップページ | 学校で酒を飲む大人達 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介