無料ブログはココログ

ブログランキング

« 「個別株を選んで投資しよう」では動けない | トップページ | 私の好きな70年代スーパーカー »

2011年9月20日 (火)

個別株投資にかける時間はどれくらい?

前回とりあげた「大機小機」の記事を読んで、一般人は個別株のリスクに向き合うことはむずかしいという感想を書きました。

それでも今までリスク商品を購入したことがない、あるいは過去に素人の生兵法で挑み一敗地にまみれた一般人が「よっしゃあ(今度こそ)有望銘柄をバッチリ選んで日本株を買うぞ」という展開になったらどうでしょうか。

そのために、お手軽に本屋に並んでいるおすすめ銘柄を掲載したマネー雑誌を読んで株式購入に挑むケースもあれば、金融リテラシーを高めるための知識・理論の習得や色々な企業分析手法を実践するケースもあるでしょう。

前者はともかく、後者のようなケースでは、個別株投資でもってある程度の成功を何年にも渡り継続させるためには毎年、かなりの努力(時間と思考)が必要なのではないでしょうか。

そうした場合、家庭をもつ一般のサラリーマンが個別株投資の勉強と実践にさける時間ははたしてどれくらいか。

WATANKOはかつて資格取得のための試験勉強をしていた頃、年間およそ1,000時間を勉強にかけていました。当時は平日休日ともに家族との時間をかなり犠牲にしていました。私自身も仕事をしながら一方で1,000時間を捻出することは大変であり、試験に合格するという強い動議付けがないと続きませんでした。

はたして株式投資で勝つための勉強(知識・手法の習得)、個別企業の研究・分析、投資のの実践(維持も含む。)のためには、一体どれくらい時間を割く必要があるのでしょうか。年間1,000時間くらいかかるのでしょうか。だとしたら断然お断りです。

おそらくこの問いかけに確証めいたお返事をいただけるとは思っていません。誰もわからないと想像しているからです。

ちなみに個別株投資のリスクの話は横に置いておいて、私が個別株運用に許容できる時間は一日平均30分といったところです。年間180時間です。それで勝算7割(イメージ)の勝負ができるのならちょっとは考えてみてもよいですね。
(でもそんな短時間では無理でしょう。)


追伸>個別株投資をやっていたら、このブログを書いている時間もなくなりそうです。

« 「個別株を選んで投資しよう」では動けない | トップページ | 私の好きな70年代スーパーカー »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

>>年間およそ1,000時間を勉強にかけていました。

すごいですね。
私が大昔TOEIC対策を頑張っていたとき、
大体1日1時間から1.5時間くらいかけてたかなあ?
その2倍以上の時間を、家族をお持ちの身で・・・
感心しちゃいます。(^^)

>>はたして株式投資で勝つための勉強(知識・手法の習得)、個別企業の研究・分析、投資のの実践(維持も含む。)のためには、一体どれくらい時間を割く必要があるのでしょうか。

当たり前ですが、人によるでしょう。
私の友人は仕事の片手間ですごい成績を出しています。
暇人で一日全部投資に使える私ですが、
その足元にも及びません。><

mushoku2006さん

レスありがとうございます。

別に1,000時間かけても偉くもなんともなく、同じ試験を突破するのに素質がある人、勉強方法が優れた人なら700時間程度で合格する事例もあったりします。

>私の友人は仕事の片手間ですごい成績を出しています。

このような特異な人はすごいのでしょうが、一般の個人投資家には真似ができないと思います。

全く感覚的な話ですが、mushokuさんのTOEICにかけた時間くらいは最低限必要だとは思うのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/52765723

この記事へのトラックバック一覧です: 個別株投資にかける時間はどれくらい?:

« 「個別株を選んで投資しよう」では動けない | トップページ | 私の好きな70年代スーパーカー »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介