無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 毎月分配型投信の信者が目を向けるべきは同じ仲間ではないか | トップページ | ノンポリな人へ-8,500人の平均ポートフォリオに相乗りするのはどうか? »

2011年10月23日 (日)

eMAXIS バランス(8資産均等型/波乗り型)売れるか?

【10月21日終値ベース運用状況速報】
・投資元本総額 46,604千円
・評価損益   ▲5,172千円
(分配金込み)
・損益率    ▲11.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今年はインデックス投信の新商品展開は皆無かと思われましたが、eMAXISから面白そうなバランスファンドがでてきました。

eMAXIS バランス(8資産均等型)/(波乗り型)

この新商品についてのWATANKOの感想は以下です。

◆「8資産均等型」について

かねてからSTAMシリーズで「すご8」(=「すご6」+新興国株式+新興国債券)はでないのかなあと想像していましたが、eMAXISシリーズに先を越されましたね。

基本4資産だけでなく新興国もREITも入っています。

正に幕の内弁当!これ食っとけば(買っておけば)安心、ハズレなし。・・・か?

ちなみに「my INDEX」にて平均リターン、リスク、シャープレシオを算定してみました。
(データは2011年9月末)

*平均リターン  4.6%
*リスク     13.0%
*シャープレシオ 0.36

うーん、まずまずでしょうか。

さらに信託報酬は私がそれまでベスト・バランスファンドと考えていたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドや世界経済インデックスファンドよりも割安です。(0.525%というのは、現時点のバランスファンドとしてはかなり低い水準であり、イケているのではないでしょうか。)

でも新興国含めた海外債券とREITで50%もシェアを占めるバランスファンドなんてとても買う気にはなれない、という人も少なくないかもしれませんね。


◆「波乗り型」について

全く斬新で驚きました。

よく代表的でかつちょっと気が利いたポートフォリオなら、

「日本株式、先進国株式、新興国株式と収益エンジンである株式を全て揃える一方、リスクを抑えるため、債券クラスに関しては海外債券は為替リスクに見合わないという最近流布されている考えに拠って立ち日本債券のみでOK。この4アセットの組み合わせでいきましょう。あとは人によってはマイナーシェアであればREITを入れても良し。」

というところがよく紹介される平均像かなあと思いましたが、この波乗り型は全く逆です。

上述のような最近ありがち(?)なポートフォリオに比して、なんと「波乗り型」は除外及びマイナーとした海外債券(先進国・新興国)、内外REITを合計50%もシェアキープする一方で、通常メインと定められがちな日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券が直近の成績をもとにバリアブルなシェアになる仕組みとはたまげました。(万年素人個人投資家だけかもしれませんが)

その仕組みにかかる手間賃もいれて信託報酬は「8資産均等型」と同じ0.525%とは、なんかそれだけでかなりお得感を感じてしまうのは私だけでしょうか。
(注:でももしこれでその他コストを含めた総コストが8資産均等型よりもかなり高くついたら、この商品のマーケティングとしてはアウトだと思います。)

三菱UFJ投信も、ただの博打で商品展開をするわけではないでしょうから、過去データを分析してそれなりにイケるとふんでこの「波乗り型」を企画したと考えたいです。

でもこれらバランスファンドの新商品の登場は、一方で同じeMAXISシリーズの「全世界株式(除く日本)」の販売低迷にさらに拍車をかけると勝手に予想しています。むしろ三菱UFJ投信も、全世界株式(除く日本)の販売伸長をもはや半ばあきらめて、今回の新商品でeMAXISのバランスファンド展開を仕切り直しといったところでしょうか。

さて三菱UFJ投信のこの動きをうけた他社の展開ですが、中央三井アセットマネジメントは果たしてCMAMシリーズのバランスファンドを発売するでしょうか。

WATANKOの勝手な想像ですが日本株式、日本債券、先進国株式、先進国債券を1/4ずつで構成。信託報酬は0.42%あたりに設定された商品を発売するとしたら、まさにこれこそ超ベーシックかつローコストなバランスファンドの決定版となりうると思います。

【追記】

本記事を閲覧いただいたkenzさんから情報をいただきました。一応、CMAM4資産への均等配分を行うバランスファンドは存在していました。

4資産インデックスバランスオープン(成長型)

ただしコスト高ですね。

« 毎月分配型投信の信者が目を向けるべきは同じ仲間ではないか | トップページ | ノンポリな人へ-8,500人の平均ポートフォリオに相乗りするのはどうか? »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

CMAM4資産への均等配分を行う
4資産インデックスバランスオープン(成長型)はあるのですが、購入手数料2.1%.信託報酬0.68%とやらでブロガーの話題から外れてしまっています。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C0005DL1

新生銀行のみで販売されている4資産均等のファンドもありますが、こちらも手数料2.1%,信託報酬が1%近くでお話しになりません。

kenzさん

レス&情報ありがとうございます。

教えていただきましたバランスファンドは、設定時期、信託報酬の水準から察するに中央三井AMが、CMAMより以前からシリーズ販売している中央三井インデックスシリーズのバランスファンド版ですね。(どちらも同じマザーファンドに投資しますから実質同じですが。)

ご認識の通りです。これらがあるので、今のコスト水準での中央三井のバランスファンドは登場しそうにないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/53051469

この記事へのトラックバック一覧です: eMAXIS バランス(8資産均等型/波乗り型)売れるか?:

« 毎月分配型投信の信者が目を向けるべきは同じ仲間ではないか | トップページ | ノンポリな人へ-8,500人の平均ポートフォリオに相乗りするのはどうか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト