無料ブログはココログ

ブログランキング

« パートナー選びは難しい | トップページ | トヨタ86は21年ぶりに欲しいと思った国産車 »

2011年12月11日 (日)

東京モーターショー2011に行ってきました。

東京モーターショーに6年ぶりに行ってきました。前回2009年はリーマンショックの後で海外メーカーはほぼ全社未出展。一方で隣国で開催された上海モーターショーにはこぞって出店と、時代の流れを感じさせました。ところが今回の東京モーターショーはフェラーリなど未出展メーカーが依然としてあったものの、概ね往年のような盛況ぶりではなかったかと感じます。以下雑感です。

1.やっぱりクーペはいい

新型ポルシェ911(タイプ991はデザインに新味ないなと思ったけどやっぱりカッコいい。従来モデルよりも前後フェンダーの抑揚感がすごくよかった)、ジャガーXKR-S(あとからどんどんスポーツ強化バージョンを出して商売上手)、BMW6シリーズ(実はショーでは間近には見れず、翌日ディーラーに立ち寄った時にジックリ拝見)などなど...。

このほかにメルセデスベンツなども魅力的なクーペないしカブリオレを出展しており、どれも素敵でした。

WATANKOのカーライフは免許をとって21歳からはじまりましたが、そのスタートは2ドアクーペで始まりました。当時から、やがてはライフスタイルによっていろいろなタイプの車に乗り替えていく将来を予想しており、そのとおりになっていますが、最後の愛車は21歳に車の運転を始めた時以来、やはりまた2ドアクーペと決めています。

2ドアクーペほどパーソナル感あふれる自由なデザイン、好き勝手で奔放なライフスタイルを具現化しているボディタイプはありません。

ただ最近はオープン2シーターでもいいかなともチラホラ思い始めていのもまた事実...。

2.PHVは非ガソリン車の中ではもっとも現実解

プリウスのPHV(プラグインハイブリッド)は非ガソリンエンジン単体以外の動力源としては、最も実用的だと思います。簡単に言えば先ず極力EVとして走行。電池切れのときだけHVになる。電気が貯まればまたEV。当面先の充電拠点インフラの拡充を考慮すれば、「一家に一台のマイカー」として選択肢にあげられます。電気モーター制御技術とバッテリーの性能向上、普及に伴うコストダウンを期待します。

もっともこのブログをご覧になられる倹約個人投資家の方々に対してマイカー購入を推奨する場合には、先日の投稿にあるとおりコスト面からガソリン車であることには変わりはありませんが。

3.日本のメーカーの出展への寸評

モーターショーの良いところはただのコンセプトカーだけでなく、ごく近い将来に販売される市販予定車を先行展示してくれるところにあります。その意味において日本のメーカーが、これから少し先に打ち出すタマが何であるか、それを一斉に比較できました。WATANKO的に少し辛口な寸評を以下まで。

【日産】
一体何を見せたかったのか?リーフは1年前ならともかく、今はもうモーターショーの中心を飾るほどの新味はありません。JUKEやリーフのスポーツバージョンも際物。GT-Rも年次改良に近いMCでバリューアップをアピールしていますが一部マニア向け。エクストレイルもディーゼルもアピールするには全く地味な展示です。

【富士重工業】
BRZは残念ながら姉妹車をアピールする都合上、控え面な紹介でしょうか。どうせならトヨタと同じくらい派手に展示して、どっちが人気でるかモーターショーでガチンコ勝負すれば面白かったのですが。コンセプトモデルはちょっと前にシトロエンあたりが出展していたようなモデルに酷似しているという程度。ノルマ出展かな。

【マツダ】
スカイアクティブ・テクノロジーの全面アピールは良いのですが、CX-5は個人的にはフロントデザインがイマイチ...。

【ホンダ】
現実離れしたコンセプトモデルが目立っただけです。もうすぐ市販されそうな注目モデルが軽自動車だけとは寂しすぎませんか。

【三菱】
相変わらず台所事情の苦しさ一杯の印象が伝わってきます。多少新味ある展示車といえば、ただの新興国向け廉価モデルと見間違えんばかりの「ミラージュ」しかないとは。

【ダイハツ】
売っている軽自動車だけだったらディーラーに行けば十分。D-X?あんな樹脂パーツだらけの車がそのままコペンの後継車とも思えません。

さて残るトヨタですが、WATANKOが東京モーターショーを見に行った目的の7割方は、このトヨタのあるニューモデルの実車を見に行くことでした。

(つづく)

« パートナー選びは難しい | トップページ | トヨタ86は21年ぶりに欲しいと思った国産車 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

東京モーターショーいいですね。water boyも近ければ行ってみたいんですけどねぇ。
WATANKOさんが最後にどんなクーペを選ばれるか興味深いです。

トヨタのニューモデルはきっとあの車ですね、次回の記事楽しみに待ってます。

water boyさん

レスありがとうございます。

>トヨタのニューモデルはきっとあの車ですね

 
おそらくお察しの通りです。本日UPします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/53461681

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2011に行ってきました。:

« パートナー選びは難しい | トップページ | トヨタ86は21年ぶりに欲しいと思った国産車 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介