無料ブログはココログ

ブログランキング

« 「投信 配当しすぎ歯止め」は余計なお世話 | トップページ | 株式大好き上司よ、さようなら »

2012年1月31日 (火)

2012年1月の積立購入商品

1月の投信の積み立て購入の内訳です。

1月は日本株式2回、先進国株式2回、新興国株式4回スポット購入しました。

さて各回のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201201315

さらに1月の安値仕入れの結果、12月末(厳密には1月4日)と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい下がったのか?以下のとおりです。

Notes)表中の金額単位は円です。

201201316

1月は月末にかけて株式相場が上昇したため、各株式アセットの積み立て商品の基準価額①がぐんぐん上昇し、平均購入単価②との差がぐんぐん縮まりました。

中でも先進国株式は①が②を上回りましたので、月末最後のスポット買いを中断して様子見としました。

また日本株式も①が②にかなり追いついています。もしこの調子が続けば2月は日本株式も積み立て中断かもしれません。

日本株式は1月中にもっと早めに2回目のスポット買いをしておけばよかったと少しだけ後悔しています。

なお新興国株式はSBIポイントのキャンペーンで積み立て設定した分と、3回目のスポット買いの分がたまたま同日に約定しています。(積み立て設定は来月ちゃっかり解約予定ですが。)

昨年8月以降、SBI証券での自動積み立て設定をやめて逐次スポット注文を入れるようにしています。1つの商品あたり月2~5回くらいに分けてスポット購入して、これを3商品分実行しています。

基準価額が平均購入単価を上回った時には購入を機動的に止められるようにするための手間です。

この涙ぐましい努力?が、大きく報われるのはいつの日か。

詳細は月末状況にて報告しますが、28本の投信・ETFのうち現在8本が黒字転換しています。

« 「投信 配当しすぎ歯止め」は余計なお世話 | トップページ | 株式大好き上司よ、さようなら »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/53865902

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月の積立購入商品:

« 「投信 配当しすぎ歯止め」は余計なお世話 | トップページ | 株式大好き上司よ、さようなら »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介