無料ブログはココログ

ブログランキング

« 投資信託定期売却サービスは毎月分配型投信を駆逐するか | トップページ | インデックス投信シリーズの勝手ながら今後の信託報酬引き下げ予想 »

2012年3月22日 (木)

STAMは信託報酬引き下げで安心して保有継続、eMAXISはどうでるか

【3月21日終値ベース運用状況速報】
・投資元本総額 51,544千円
・評価損益   3,419千円
(分配金込み)
・損益率    6.6%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

STAMシリーズが2度目の信託報酬引き下げを実施しました。全くの驚きでした。多くのブログで他シリーズとの信託報酬比較が掲示されておりますので、今更この駄ブログで詳細を掲載することは省略しますが、WATANKOの所感を以下にあげてみたいと思います。

1.今回の引き下げは明らかにCMAM、eMAXIS、Fund-iに揃えてきた狙いが明確。

日本株式・債券、先進国株式・債券、日本・先進国REITについて他3シリーズの最安値にピタリとあわせてきました。「全てSTAMシリーズで揃えていただいてお客先に損はございません」と言っているかのようです。STAMシリーズのコスト競争力は完全復活したと言えるでしょう。

また今回のSTAMシリーズの信託報酬引き下げはWATANKOにとっても大きな喜びです。私が保有するインデックス投信のシリーズ別内訳は以下のとおりであり、STAMが依然としてeMAXISやCMAMよりも高い保有シェアをキープしています。

201202299

私が保有するSTAMシリーズは先進国債券を除くどれもが10~50%の高い評価益を出しており、積み立て購入先をeMAXISへ切り替えた後もキープする方針のシリーズでした。それが軒並み信託報酬引き下げとなり、現在積み立て購入先となっているCMAM外国株式インデックスeやeMAXIS新興国株式インデックスと同じコストレベルになり、長期保有に資する結果となったことは私にとって福音以外の何物でもありません。

2.eMAXISはどうでるか?

今回のSTAMの信託報酬引き下げにより、Fund-iもeMAXISもコスト面では全くといってよいほど優位性は無くなりました。あまりやる気が見えない?Fund-iはともかく、eMAXISにとっては先日、新興国アセットにて年金積立シリーズから信託報酬引き下げをくらったところに今度はSTAMの各商品の信託報酬引き下げです。eMAXISも新興国アセットは年金積立シリーズ、それ以外はSTAMシリーズと同じ信託報酬にまで引き下げるしかないのでないでしょうか。

もしeMAXISが現状から信託報酬を引き下げない場合、もう私としては全てのアセットクラスにおいてeMAXISを購入する理由が無くなります。(国内REITは自分の場合、平均購入単価がSTAMよりも高めなので、基準価額によっては購入するケースもあるかもしれませんが)

およそ3年前にデビューしたeMAXIS、当時はトップランナーだったのにいつの間にやら3番手、4番手状態。ミツビシの威信にかけて信託報酬を引き下げてくるでしょうか。

少なくとも新興国株式は早く信託報酬引き下げないと年金積立シリーズに積み立て変更してしまいますぜ。三菱UFJ投信殿。

« 投資信託定期売却サービスは毎月分配型投信を駆逐するか | トップページ | インデックス投信シリーズの勝手ながら今後の信託報酬引き下げ予想 »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

eMAXISはこれまで、信託報酬の引き下げではなく、バランスなど、ラインナップの充実に力を注いできましたが、いよいよ信託報酬の引き下げから逃げられなくなりましたね。

eMAXISの信託報酬が、基本4資産はCMAM=STAMと、新興国モノは年金積立と同じ水準まで下がるのが理想です。
特に新興国株式クラスは、もともとeMAXISの騰落率が優秀なのと、分配金を出さない点で、年金積立を返り討ちにできると思うのですが。

とにかくeMAXISには、登場時以来の、「後だしジャンケン」を頑張ってもらいたいところです。それも、なるべく早く!

相場オンチさん、レスありがとうございます。

>eMAXISの信託報酬が、基本4資産はCMAM=STAMと、新興国モノは年金積立と同じ水準まで下がるのが理想です。

上記のレベルは私が考えるに理想というよりも、五分の競い合いをするための最低条件だと思います。

>それも、なるべく早く!

同意です。最高の後出しジャンケンを私も期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/54278835

この記事へのトラックバック一覧です: STAMは信託報酬引き下げで安心して保有継続、eMAXISはどうでるか:

« 投資信託定期売却サービスは毎月分配型投信を駆逐するか | トップページ | インデックス投信シリーズの勝手ながら今後の信託報酬引き下げ予想 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介