無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 運用会社が放置状態にしている投資信託の存在 | トップページ | 2012年4月の塩漬け投信サルベージ状況 »

2012年4月22日 (日)

震災で壊れた外壁の復旧工事完了

【4月20日終値ベース運用状況速報】
・投資元本総額 51,864千円
・評価損益     1,233千円
(分配金込み)
・損益率         2.4%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

東日本大震災によって傾き、一部破損したWATANKO家の敷地内にある実家の傍のコンクリートブロック(CB)外壁の復旧が完了しました。

今月上旬から着工し、正味1週間ほどでとりあえず完成。その後竣工点検やダメ工事でしばらくかかり先週無事最終完工しました。隣地(アパートあり)保有者とのトラブルもなくすすみ、ホッとしました。

復旧した外壁は、今後の地震を考慮してCBの積み上げを従前より1段少なくして重心を下げるとともに、基礎コンクリを自分の敷地内にむかって大きく張り出し(断面でみるとL字型にした)耐震性を改善しました。その他に付帯する門扉も新調し、隣接する古くて風化がすすんだ大谷石の外壁も一部表面だけですがコンクリ補修しました。

こうしてなんだかんだでかかった工事費用が800千円弱かかりました。これでもCBは12cm幅で一番安いプレーンなもの、その上に架設するフェンスも一番平凡な仕様で安目のものを選んだ結果です。

工事費用は痛い出費ですが、これでうまくいけば私が亡くなるまでにこの外壁が再度補修が必要な事態にはならないでしょう。(巷で噂の大地震が心配ではありますが)

思えばこの外壁が震災で傾き、隣接する大谷石外壁の一部が倒壊したときはあわてました。倒壊した大谷石が道路側に落ちなかったのが不幸中の幸いです。

そして今回の出費をもって家計を800千円節約する動機付けにしようと前向きにかんがえていくことにしました。とりあえずGWは緊縮財政かな。お金かけなくても、片付けるべき家の事柄は相変わらず溜まっているし、子どもと楽しく過ごすのにお金は必ずしも必要ではありません。

(毎度、余談です)

マイホームをこれから建てる方、とくに注文住宅を選ぶ場合、外構工事にはあまり過度にお金をかけない方がよいと思います。外構は365日風雪に晒され傷みや褪色も思ったより早いです。コンクリート面なんかも細かいひび割れがそこかしこにでてきます。外に付設する車庫や物置なども高くてお洒落なものを選んでも経年劣化にさらされます。芝生タップリとか緑豊かにし過ぎると手入れもたいへんです。

それと安全基準がしっかりしている建屋と異なり、外構は大きな地震に対して比較的傷みやすいです。(場所や揺れ方にもよりますが)

WATANKO家の場合は庭の大半がコンクリート舗装であり、コンクリ面のあちらこちらに目地を切って細長いパッキンを挟み込んでおり、地震の揺れの際にコンクリ面同士がぶつかりあって割れることが少ないように仕上げているのですが、建屋との接合部分については地震で震動する力の逃げ場がなく、先の震災で数か所割れてしまいました。

それ以外でも化粧ブロックはかなり色褪せてしまいましたし、カラフルなタイルも結構割れてしまいました。築8年足らずでこんな状況です。

良くいえばいい感じでヤレていく趣がありますが、あまり傷みすぎるとみすぼらしくなってくるのでいつかは日曜大工がてらに補修でもしてみるかと思案しています。

« 運用会社が放置状態にしている投資信託の存在 | トップページ | 2012年4月の塩漬け投信サルベージ状況 »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/54506251

この記事へのトラックバック一覧です: 震災で壊れた外壁の復旧工事完了:

« 運用会社が放置状態にしている投資信託の存在 | トップページ | 2012年4月の塩漬け投信サルベージ状況 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト