無料ブログはココログ

ブログランキング

« 確定拠出型年金用投信の2012年6月末状況 | トップページ | 地方都市でしみじみ感じる交通メリット »

2012年7月 8日 (日)

10%軽減税率延長はどっちでもいいけどオンライン署名しました

遅ネタですが、インターネットネット証券4社が行っている証券税制における10%軽減税率延長を求めるオンライン署名キャンペーン?に署名しました。ちょっと悪乗り気分ですが4社すべてのサイトから4名分?を署名しました。

これからハッピーリタイヤして資産取り崩し生活に入る人にとっては、まだまだ10%税率を享受したいでしょうから1年でも長く軽減税率が延長されることに関心が高いでしょう。

(まあ、その大前提として肝心なのは運用益がでていることなのですが!)

一方WATANKOの場合、1~2年先の税率動向などにほとんど興味ありません。積み立て投資した資産を取り崩すのは15年程度先の話だからです。今までの流れを踏まえれば今から15年後までの間にはどこかで税率20%が適用されている可能性が高いでしょう。したがい、いつから20%に切り替わるかについては執着していません。

それでも今回、結局オンライン署名をしました。理由は以下です。

1.10%軽減税率のメリットをガッツリ享受しない立場の者ではありますが、それでもそのメリットをすすんで放棄する気持ちまでは持ち合わせていません。また何か不測の事態でかなり多額の金融商品売却を余儀なくされ、売却益がでるケースも否定できないので、それに備えることも必要かもしれません。一方で10%軽減税率期間が長いことで個人投資家にデメリットはありませんから。

2.10%軽減税率期間が5年より6年、6年より7年とより長い期間適用され続けたという事実を残しておくのも一手か。15年後では金融商品に対する課税がどれくらい強化されるかわかりません。しかしながら長期的にみて課税強化のトレンドがあるならば、それを少しでも牽制するという意味において、10%軽減税率期間ができるだけ長期に継続することを願いたいです。

3.インターネット証券によるこうした活動が監督官庁や業界に対して影響力をつけてほしいです。ローコストで場所を選ばす24時間取引が設定できるインターネット証券は本当に便利です。この存在からのメッセージが与える影響力が高まることは歓迎すべきことです。

あ、ちなみに10%軽減税率延長とよくセットで語られている日本版ISAですが、非課税枠が3,000千円までと限定されており、WATANKOにとってはちっとも嬉しくありません。無いよりはマシとは言えますが...。非課税枠を1桁増やしてもらえるとイイ感じなんですけど。

« 確定拠出型年金用投信の2012年6月末状況 | トップページ | 地方都市でしみじみ感じる交通メリット »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55146312

この記事へのトラックバック一覧です: 10%軽減税率延長はどっちでもいいけどオンライン署名しました:

« 確定拠出型年金用投信の2012年6月末状況 | トップページ | 地方都市でしみじみ感じる交通メリット »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介