無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 地方都市でしみじみ感じる交通メリット | トップページ | 成年後見制度を利用する »

2012年7月11日 (水)

(続)地方都市でしみじみ感じる交通メリット

(前回からの続きです)

前回、地方都市における良好な交通環境についてとりあげてみましたが、地方都市に在住する場合、留意すべき点もいくつかあります。

1.都心を挟んで反対側のエリアに出かける時には渋滞を覚悟

たとえば神奈川県にすんでいる人が東名道、中央道方面にでかける時にはスムーズですが、都心を挟んで反対エリアの東北道、常磐道方面に向かうケースにおいては都心および高速道路の最初のSAあたりまでは渋滞に出くわすことになります。

また千葉県、茨城県にすむ人が東北道、常磐道にでかける場合にはスムーズですが、反対エリアの東名道、中央道方面に向かうケースではこれまた激しい渋滞に巻き込まれるでしょう。

まあ基本的には地方都市から出発する際には隣接する高速道路を使い下り方面を選ぶことが無難でしょう。200km圏内であれば観光地も沢山あります。

2.始発列車がある駅を最寄り駅とすること

地方都市に住む場合、車でお出かけする休日では便利であっても、勤務先への通勤時間は長くなります。それを考えると毎朝、確実に電車に座って通勤できることが重要であり、ついては始発列車がある駅を最寄り駅と選び、その近隣に住居を構えるべきです。座れさえすれば寝てよし、読書してよし、食事やお化粧(笑)も自由自在です。

くれぐれも始発駅から2つ、3つとか半端に都心寄りの駅を選ぶと長い通勤時間の間ずっと立ちっぱなしになりかねません。常磐線とか総武線快速などの朝の痛勤ラッシュを想像するとすぐにわかると思いますが。

一方で勤務先からの帰路では、最初は立っていても、列車が下り方面に進むにつれて空席が加速度的に増えてくるので乗車時間丸々立ちっぱなしということは少ないです。

以上、前回内容も含めて以上のように地方都市に住む場合の交通メリットを取り上げてみました。

一方で都心に住む人が週末お出かけする場合には、車の利用はとっとと止めてを新幹線でも使った方が早くて快適だと思います。都心に住んでいれば東京駅、品川駅まで出張るのも時間かからないでしょう。新幹線を下りてからはレンタカーでも利用するのも一手です。

しかしながら公共交通機関をつかう面倒臭さや不便な点、車よりも直接コストがよりかかるケースが多いことを余儀無くされますが。


(おまけ)

余談ですが、都心に住む人の場合、週末に出掛けようとしても車に乗っている時間の多くが渋滞時間ともいえ、ますます車にとって必要なのは走る機能よりも、室内を快適にすごせるリビング機能が求めるようになり、その結果、走るリビングともいえるミニバンが売れる土壌となるわけです。

私とて車好き、運転好きとは言え、足柄SAから先25kmの渋滞に飛び込まざるを得ないときには86やロードスターよりも安楽なセレナやノア/ボク選びたくなります。(まあ、その前にそもそも渋滞突入を選びたくないのですが)

« 地方都市でしみじみ感じる交通メリット | トップページ | 成年後見制度を利用する »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55158360

この記事へのトラックバック一覧です: (続)地方都市でしみじみ感じる交通メリット:

« 地方都市でしみじみ感じる交通メリット | トップページ | 成年後見制度を利用する »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト