無料ブログはココログ

ブログランキング

« 成年後見制度を利用する | トップページ | 不動産投資についてのリマインド »

2012年7月15日 (日)

成年後見制度を利用する(補記)

意思疎通能力が無い母が契約者となり工事発注や賃貸契約を行う場合、まともな契約書類を交わそうとするならば後見人が必要となります。

そこで成年後見制度を利用して後見人を地元の家庭裁判所に申請することになり、必要な書類を市役所や法務局等を半日かけてあちこち廻って収集しました。

今回は補記として被後見人に関する収集書類についての小噺です。

1.戸籍謄本

被後見人の戸籍謄本は当人が生まれた時から現在に至るすべての履歴がわかるものが必要となります。

たとえば現在東京に住む被後見人が生まれたのが鹿児島であったとしたら、鹿児島の市役所にまで出向いて鹿児島在住期間の戸籍謄本を入手する必要があります。(郵送ベースで依頼できるものかも知れませんが未確認)私の母は隣街にて生まれ育ったので隣街の市役所まで出向き過去の戸籍謄本を入手しました。

調べてみると母は出生時には母の祖父の戸籍にふくまれておりました。昔は親・子・孫が実態として同一所帯であり、結果、同一の戸籍になっていることも珍しくなかったかもしれません。

その後、母の祖父が亡くなり母の父が家督を継いだため父を筆頭者とする戸籍が新たに作られ母もそちらに移りました。その後、母は結婚に伴い現在の街に移り、父の戸籍に入りました。平成8年に戸籍が電子化されて新しくなりました。つまりは母の戸籍を生誕時から数えると4件ありました。

全国あちこちに戸籍があった人の場合、その収集は大変面倒になりますね。


2.固定資産登記簿謄本

固定資産評価明細書を市役所の資産税課から入手し、それをもとに法務局で各建物・土地資産別に登記簿謄本を入手しました。

ところが評価明細と登記簿謄本が合致しない建物・土地がいくつか見つかりました。WATANKOはこれまで固定資産評価明細の内容にて相続時名義変更や固定資産税支払いを行って税金を行ってきただけにちょっと驚きでした。

これについては父方の祖父が曾祖父から土地をわけてもらった時に分筆登記をしっかっりとやっていなかったとか、古い建物は未登記のままであったり、解体撤去した建物が滅失登記をきちんとやっていなかったりといった事情が想像できます。そのような土地・建物を父の死後、母が相続しているわけです。

登記簿謄本が無い土地は2件であり、幸いと言うべきか広くもなく道路付きも悪い場所です。まともな事業用地として供するほどの物件ではないので一安心でした。

仮に隣接土地所有者が所有権を主張してきたら、当方としては数十年利用している実態を踏まえて時効取得を主張することになろうかと考えています。

3.診断書

診断書は家庭裁判所の所定書式を使用します。(裁判所のサイトからダウンロード)

ちょっと驚いたのはこの場合の診断書作成費用は全国調査結果をしらべてみると1,000円~50,000円とかなりバラツキがあることです。

今回は母の主治医ということで有料老人ホームにて往診してもらっているクリニックに依頼するほかないのですが、所定書式のボリューム次第で決まるところもありますがハッキリ言ってクリニックの言い値になります。

主治医に今回依頼した診断書の所定書式は紙2枚の簡単なものなので、あまり高くないと思いますがいくら請求されるかちょっとドキドキです。

以上のとおりですが、中でも戸籍謄本というものはこんな時でもないとしみじみとその中味を見る機会がありません。今回、母については出生時からの謄本を集めたため、WATANKOからみた母方の曾祖父、祖父とその兄弟などの名前を知ることになりました。昔は子沢山だから祖父の代、母の代を全部あわせるとすごい親類の人数です。

これで自分にとっての一方のルーツがわかりました。夏休みには父方についても曾祖父くらいは調べてみようかと興味もわいてきました。

« 成年後見制度を利用する | トップページ | 不動産投資についてのリマインド »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

面倒くさいものなんですねえ・・・・・・
私はそのようなものを利用せずに済む様、
願っておきます。
跡継ぎではないので、
多分大丈夫と思いますが・・・・・・( ̄Д ̄;;

mushoku2006さん

レスありがとうございます。

認知症の親をもつケースは今後増えることが予想されます。親御さんの不動産をいじる時にはお早目に……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55191145

この記事へのトラックバック一覧です: 成年後見制度を利用する(補記):

« 成年後見制度を利用する | トップページ | 不動産投資についてのリマインド »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介