無料ブログはココログ

ブログランキング

« 毎月分配型投信の選球眼があるならば個別株を買った方が良いのではないか | トップページ | (続)2012年7月末運用状況 »

2012年8月 5日 (日)

2012年7月末運用状況

ちょっと油断してリア充しているとブログ更新を怠ってしました。人間素直なものでインセンティブが低くなってきたものには時間を割かなくなるものです。ブログ運営のモチベーションは最近やや下がってきたことは否めませんが、それ以上に他のリアル生活がいろいろあって相対的にブログ更新に割く時間がここのところ激減してしまいました。

とはいってもしばらく途絶えているとまた飢えてくるものひとつのパターンであり、しぶとく更新を続けていきたいと思います。

さてインデックス投資を始めて4年と5ヵ月が経ちました。7月末の運用状況です。

(Notes)
◆商品名は略称です。
◆各アセット毎に、購入順に並んでいます。
◆表中の金額単位は千円です。
◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。
◆海外ETFの円換算レートは78.54円/$です。
◆赤字は現在、積立中の商品です。
◆日本債券クラスへの投資はSBI資産設計オープン(すご6)とセゾン・グローバル・バランスファンドに含まれている部分のみです。
◆評価記号の内容は以下です。

◎:+15.0%~
○:+ 5.0%~+15.0%
△:+ 5.0%~▲ 5.0%
▲:▲ 5.0%~▲15.0%
×:▲15.5%~

201207313

さて、次に28本の保有商品を以下の3つのグループに分けてみました。

Aグループ:
現在積立中の商品+以前まで積み立てており、現在は積立中止だが、信託報酬は積立中の商品に次いで低いため、慌てて売らず保有継続している商品。(資産運用メイン)


Bグループ:
日本+先進国+新興国のETFを揃えたワールドワイド・パッケージ。これも当面保有継続してETFの動向をモニタリングする。ただし大きな資金需要が発生すれば、直ちに売却する方針。ETFの分配金はAグループの商品の購入資金にあてる。(海外ETFの分配金は為替動向によって円転のタイミングを図る)

Cグループ:
かつて積み立てていた商品で、より信託報酬が低い商品に積立先を切り替えたため、現在保有のみ。現時点では評価損を抱える商品ばかりで塩漬け中。評価益がでたら売却し、Aグループの購入資金に転用する方針。また評価損があってもA、Bグループの一部商品とセットで売却することもありえる。

201207314


現在、このうち以下の6商品をサルベージ中です。

1)三菱UFJインデックスファンド225
2)ニッセイTOPIXオープン
3)PRU海外株式マーケット・パフォーマー
4)PRU海外債券マーケット・パフォーマー
5)年金積立インデックスファンド海外債券ヘッジ無し
6)SBI資産設計オープン(すご6)


(つづく)

« 毎月分配型投信の選球眼があるならば個別株を買った方が良いのではないか | トップページ | (続)2012年7月末運用状況 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55353885

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年7月末運用状況:

« 毎月分配型投信の選球眼があるならば個別株を買った方が良いのではないか | トップページ | (続)2012年7月末運用状況 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介