無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2012年8月末運用状況 | トップページ | キーンルックか絶壁ルックか »

2012年9月 3日 (月)

(続)2012年8月末運用状況

(前回からのつづきです)

前回の続きとして、ファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたアセット別のパイ・チャートは以下のとおりです。

201208315


さらに「my index(わたしのインデックス)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに期待リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*期待リターン   4.6% (4.6%)
*リスク     16.3%(16.3%)
*シャープレシオ  0.30 (0.30)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*購入元本総額  52,704千円(52,504千円)
*評価損益    ▲1,558千円(▲2,538千円)
*運用期間    54か月(53か月)
*元本平均残高  34,138千円(33,788千円)
*平均年間利回り ▲1.0%(▲1.7%)

また投信だけのものも作ってみました。

201208316


<概況>

保有資産トータルの評価損益の赤字は今月も継続しています。現在28本の保有商品のうち評価益ありが9本、評価損ありが19本です。

相変わらずどのアセットもパッとしません。あまりにも毎月同じ傾向なので運用状況も前月との書き分けが難しくなってきました。内閣府が発行している月例経済報告の執筆者も同じ印象をもっているかもしれませんね。(笑)

WATANKOはじめ資産運用が趣味ではない人にとってはこれが普通かもしれません。むしろ相場が過熱に上昇してきたところで知識も能力もないのにヤマを張って集中投資、当初はホクホクなるも、ほどなくバブルが弾け、良くて▲30%、悪けりゃ▲50%超過で市場から退散する...。などというストーリーの主人公にはなりたくないですね。

とはいえ少しは相場上昇してほしいです。というのも来月には戸建て賃貸家屋の解体工事に着手するため資金需要が発生するからです。手元の現金を集めれば資金の工面は出来そうですがこれを機会にリスク資産を一部売却する予定です。

積み立て停止したバランスファンドの中で現状トントンに近いセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドにするか...

日本株式アセットに見切りをつけて三菱UFJインデックス225にするか...

先進国債券についてこれを機会に信託報酬最安値であるSMTの2商品以外を全てバッサリ切るか...

いずれにしても今年は確定申告(申告分離課税)が必須になりそうです。

« 2012年8月末運用状況 | トップページ | キーンルックか絶壁ルックか »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55563826

この記事へのトラックバック一覧です: (続)2012年8月末運用状況:

« 2012年8月末運用状況 | トップページ | キーンルックか絶壁ルックか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介