無料ブログはココログ

ブログランキング

« 地方でインデックス投信の運用を行えば安くなるのではないか | トップページ | (続)裁判所にいってきました+ドタバタ劇 »

2012年9月21日 (金)

裁判所にいってきました+ドタバタ劇

【9月20日終値ベース運用状況速報】
・投資元本総額 52,904千円
・評価損益        500千円
(分配金込み)
・損益率        0.9%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

先日の記事で紹介したとおり、認知症でほぼ寝たきり介護状態の母に対する成年後見制度を地元の家庭裁判所に申し立てしたところ、裁判所から面談依頼がありました。

そこで先日、申立人のWATANKOと後見人候補者にした妻の2人で家庭裁判所を訪れ面談を受けてきました。

市役所の分室のような建物の家庭裁判所に指定時間に着くと、先ず成年後見制度の概要を説明するDVDビデオを30分程度見た後、審判員と称する方との面談となりました。(当人いわく本日の面談内容を審判員から裁判官へ伝えるが、後見人候補者の可否決定はあくまで裁判官とのこと)

面談では提出資料の記載内容の補完として、本件にかかわる経緯・事情をいくつか問われました。後見人候補者をWATANKOではなく妻とした理由についても平日昼間手続きの面で動き回れる点を考慮して妻を選んだ旨をアピールしました。

しかし審判員の応答の端々からみた印象としては、後見人候補者には妻よりもむしろWATANKOの方が適任ではないかと審判員は感じている様子です。

たしかに妻は正直に「今までは夫にまかせてきてばかりいたので、今後は自分自身がしっかりと義母の管財や権利代行にかかわっていきたい」というトークをしてくれたのですが、審判員の判断基準は、妻の意欲・態度の程度ではなくて、あくまで現時点で妻が後見人として十分な資格を有しているか否かというところに焦点を絞っているようです。

そしてWATANKOと妻の差を印象を決定づけてしまったのが席上、補足作業としてだされた収支明細表の記入です。もともと母の収入・支出については、司法書士の指示に基づき主要なものをピックアップしただけの極々簡単なメモを作成して他の書類と一緒に提出したのですが、審判員は収支状況を詳しく知りたいので、収支明細表(20行程度の明細記入欄あり)を書いてほしいと依頼してきました。

これについては毎年、母の確定申告を代行しているのはWATANKOなので、専らWATANKOが記載しました。手元に関連する資料がないので一部うろ覚えでしたがほぼ正確な明細が書けました。しかしながらその間、妻は何もわからず傍観一方。

どうやらこれが母の資産の理解度について私と妻との間に相当な隔たりがあることを審判員に印象づけてしまったようです。

面談の終盤、審判員は「妻が後見人に選ばれたとしても後見監督人を追加で選任して妻の後見業務を監督すること場合がありえるかもしれません。でも妻が後見人に選ばれるのみのケースもなきにしもあらずですが。」とコメント。最後まで母の後見人としての適性について妻はWATANKOと同等であるとの印象を審判員に与えることが出来たとは思えませんでした。

最後に妻の名前で後見人に選ばれた際には定められた業務・義務を果たす旨の誓約書を差し入れて家庭裁判所を後にしました。

帰り道、妻との会話では、妻もWATANKOと同じ感触を持っていたようです。WATANKOはこのままでよいのだろうか(申し立て通り妻が後見人に選ばれるか怪しい)大変不安に思いました。妻が後見人に選ばれても後見監督人を付けられたら面倒な展開になりますし、あるいは他の第三者が選ばれたとなれば尚更です。

なにかリカバリーショットを打てないだろうか...。

とそこへ突然、裁判所の事務担当からWATANKOの携帯に連絡があり、提出してもらった誓約書に不備ありとのこと。そこで急遽裁判所に引き返すことになりました。

その時、WATANKOの額に稲妻が光りました!!

(つづく)

« 地方でインデックス投信の運用を行えば安くなるのではないか | トップページ | (続)裁判所にいってきました+ドタバタ劇 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/55707182

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判所にいってきました+ドタバタ劇:

« 地方でインデックス投信の運用を行えば安くなるのではないか | トップページ | (続)裁判所にいってきました+ドタバタ劇 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介