無料ブログはココログ

ブログランキング

« “投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012”に投票しました+今年の予想 | トップページ | 税理士にもとめるものは何か 【Refrain 2012】 »

2012年11月 6日 (火)

インデックス投資の実績を明かしている理由 【Refrain 2012】

WATANKOはリスク金融商品による投資を始めて4年と8か月、この駄ブログも2年と8か月続けてきましたが、過去の投稿記事の中から、自分自身の投資やライフスタイルその他についての考え方を割としっくりと語ることができたといえるいくつかの記事(自画自賛?)を、何日かにわけて再紹介したいと思います。(なお初回掲載記事に対して多少追記・修正してあります。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

インデックス個人投資家ブロガーの皆さんが、自らの資産運用内容、運用成績についてどれくらい開示しているかは人によってまちまちです。(当たり前の話でありますが)

平均的な開示内容としては、

*ポートフォリオの内訳推移
*アセットごとの評価損益率の推移(たいてい複数の期間にわけて開示している)
*購入・保有している商品

といったところまででしょうか。

しかしながらブロガーの中には実際の投資の実額、評価損益の実額までオープンにして、つまりは自分のリスク資産をかなり開示する人も少なからずいます。(勿論大前提として個人を特定できる情報は開示されていない匿名ブログでのケースですが)

かくゆうWATANKOもその一人です。自分でも言うのもナンですが、月次にて保有している金融商品のアセット別・商品別投資の実額と評価損益率および実額、ポートフォリオの推移などインデックス個人投資家の中では相当詳細に開示している方だと思います。

しかるにその理由は?

1.インデックス投資に興味をもつ人にリアルな現実をみてもらい、投資の有無(含むポートフォリオの編成検討)の判断材料として少しでも役立ててもらいたいから。

私はインデックス投資推奨派ですが、同じようにインデックス投資に興味関心をもつ人たちにこの投資法を推奨する場合、金額ベースでもって運用の実態をみてもらうことがインパクトがあると考えたからです。

インデックス投資に興味があるけれど、実際には長期間運用することで、どんな波乱万丈が待っているのか。運用期間中、それぞれのアセットクラスがどれだけ上がって、どれだけ下がるのか。実額でそれを目の当たりにしてもらい、現実を知ってもらいたいからです。

2.自国株式の長期低迷、円高が晒されている日本の個人投資家が行うインデックス投資が本当に報われるのか。それとも多いなる幻想であるのか。2008年から20年の現役サラリーマン時代の積み立て投資期間で証明(あるいは暴露?)してみたいから。

そのためにインデックス投資の成果を実際の数字でがっちり表したいと思います。時には10,000千円も凹んだけど、最後は+20,000千円になりましたというようなハッピーエンドが果たして待っているのか。

◆日本株式はやっぱりヨレヨレボックス株じゃあないか。
◆先進国/新興国株式はそれなりにあがったけど○○ショックのたびに急落して、最後はチョイ黒に終わったね。
◆海外債券も為替をのぞけば損益トントンだったなあ。
◆SMTだのeMAXISだの散々勧めておいて、結局儲かるのか(儲けたのか)...。

などという結果に直面した場合、今のインデックス投資を推奨する著名人がどうコメントするか見ものであります。(でも大半はリタイアしてしまっているかな...。)

注)投資はあくまで自己責任なので、別に彼らにクレームをつけるつもりはありません。

3.一体いくら規模の話で大騒ぎしているのか、ブログ閲覧者には冷静に捉えてほしいから。

個人投資家ブロガーが定期的な運用状況を開示する際、やれ年初来+10%だとか、投資開始から▲20%に下落しているとか言うたところで、実額でどのくらいの話なのか。
▲20%といっても金額で▲10千円の話なのか、それとも▲10百万円の話なのかで読み手の捉え方も変わってくると思います。

損失額が少額であれば、その後の積立継続や相場回復ですぐに取り戻せることもあるでしょうし、利益額が少額であれば、その後の相場の影響ですぐに吹き飛んでしまい、とても利益が出たと安心できる話ではないと思います。

「運用状況は▲50%!そりゃあ大変だ。え、金額では▲5,000円?なーんだ。」

勿論、この駄ブログの来訪者の中には「匿名ブログだからといって、ここまで運用結果(言い換えれば儲け具合、懐具合)を開示していいのか?やりすぎじゃん。馬鹿かも」と思う方もいることでしょう。

でもWATANKOが詳細まで開示しているのはあくまでリスク資産についてのみです。副業(家業?)の不動産事業の収支全容や土地の評価額、預貯金、保険、年収、各種税金・社会保険料の支払額、借入金など等収支・資産内容の全体を開示しているわけではありません。

イメージでいえば資産100の内、30についていくら詳細に開示しても、のこり70は非開示ですから、別に焦りも心配も湧いてこないです。(WATANKOのリスク資産のウェイトが30%だと証言しているわけではありませんよ。為念。)

とはいいつつもそれなりの注意は払っています。

当然の話ですが個人を特定できる情報は開示していません。また資産の一部とはいえ、ここまで詳細開示しているため、例えばオフミとかインデックス個人投資家のイベントに出席・参加することはまずありませんが、万が一あったとしても、「自分はあのブログの著者です」などとは決して明かさないでしょう。

(いけね、そんな著名なブログじゃあなかったですね。)

いやー、いつの日か「YY年の運用の結果、資産がXX,XXX,XXX円増えました。ありがとうインデックス投資!」と言える時が来るのを(ほどほどに)期待しています。 

【2016/10/10追記】
当時は上記のとおり『オフミとかインデックス個人投資家のイベントに出席・参加することはまずありませんが、万が一あったとしても、「自分はあのブログの著者です」などとは決して明かさないでしょう。』などとうそぶいておりましたが、4年後の今はいけしゃあしゃあとイベントに顔を出す節操の無さ。どうかお許し下さい。駄ブログをご覧いただく皆さんとお会いすることを、投資とブログを続ける糧のひとつにしている万年素人個人投資家であります。m( )m

« “投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012”に投票しました+今年の予想 | トップページ | 税理士にもとめるものは何か 【Refrain 2012】 »

Refrain」カテゴリの記事

資産運用」カテゴリの記事

コメント

自分も自問自答しながらブログを書いてましたが、まったく同意ですヽ(´―`)ノ

「同意」なんて簡単な言葉で済ませてすみません。


やっぱり読みいい文章書きますねー

コツコツ麻酔科医さん

レスありがとうございます。そんな褒めていただくほどの文章ではありませんが、これからも色々な素朴な疑問や感想を記事にしたいと思います。ご笑覧いただければ幸いです。

麻酔科医さんのブログも拝見しています。数字と文章の適度なバランスとコスメが効いていていいブログですね。内容自体も引用させてもらおうかと思ったこともしばしばあります。お互い”コツコツ”とブログを続けましょう。

インデックス投資家の方は、含み損は気にしないという名のもとに必ずといっていいほど、開示しません。損益率さえ。
著名インデックス投資家で公開している人はいるのでしょうか。
実績を開示している方ほど、信頼できます。とても素晴らしいですね。

別に、マイナスでもプラスでもいいので真実を教えてほしいものです。
そうしないと、見ている人も本当の判断材料になりませんし。
理論だけで説得しようとするのは無理があるかと。

のりたまさん

レスありがとうございます。

貴ブログもとても精力的に更新されていますね。

1.個人投資家は匿名ブログ上とはいえ、儲け具合をリアルに曝け出すことについて心理的抵抗があるほうが普通ではないでしょうか。
(サラリーマンが給与をいくらもらっているか開示しにくいのと同様かと)

2.所詮、儲けることができた人のご宣託は信用できて、損した人は何を唱えても空しいだけなのでしょうか。

出しにくいのはその通りですよね。
しかし、インデックス投資家は特にそういう傾向があるかと。
もっと長年やってみえる方の状況がどんなものか知りたいものです。
というのが、私の勝手な願望なのですが。(^_^;

損した人も開示する価値はあると思います。
心理状況や、なぜそうなったか、自分とは何が違うか検証材料にもなりますから。
開始時期、積立額、リバランス、アセットクラス、組み合わせなどまだまだインデックスもかなり研究の余地があると個人的には思います。最近のインデックスも進化しているようですし。
インデックスをアクティブに運用もできますし。
オリジナルの投資法とかもでてきそうな気はします。
そうなるとかなり活性化して面白くなりそうです。

水瀬氏が「インデックスがなぜマイナーなのか」といつもつぶやいていますが、こういうことが原因だったりして。研究をやめたら、つまらないですからね。

私もインデックス投資を含む投資実績の一部(収益率と資産推移を基準価格の形式)を明かしている1ブロガーです。
現在20代で、評価額は自分の手取り年収1年分ぐらいな程度で、
節約のほうが資産形成に役立つぐらいの資産額しかないのですが、
実績公開は続けていきたいと思っています。

良ければ相互リンクお願いします!!

のりたまさん

レスありがとうございます。

オピニオンリーダークラスの著名なブロガーがせめて自己の資産運用についての評価損益率だけでも開示したとき、果たしてブログへのアクセス数がその後、増減するかどうかは私もちょっと関心があります。(水瀬氏など特定個人を指して言っているわけではありません。為念。)

のりたまさんも著名なブロガーと朋友になればこっそり教えてくれるかもしれませんよ。あっ、その場合、インデックス投資派に宗旨替えしないとだめかもしれませんね。(笑)

hase_onさん

レスありがとうございます。

20代のうちからインデックスファンドで資産運用を行っているなんて素晴らしいですね。あきらめずに頑張ってください。私も定年までリーマン生活が残り15年(予定)ですが頑張ります。

相互リンク了解しました。こちらこそよろしくお願いします。

また、このエントリーを引用させていただきました。

うまくトラックバックできなかったようなので、このコメントでご報告に代えさせていただきます。

今年もよろしくお願いします。

コツコツ麻酔科医さん

度々の引用ありがとうございます。

貴殿のポートフォリオ、いつも参考にさせていただいております。
それに貴ブログ全体から、いつもエナジーを感じます。

こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/56058269

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス投資の実績を明かしている理由 【Refrain 2012】:

» (2012年11月)Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型のキャンペーン! [麻酔と世界分散投資?]
Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型の2回目の積み立てです。 新興国の公社債を実質的な主要投資対象とし、JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)の中長...... [続きを読む]

» 今年の目標!(Jan.2013) [麻酔と世界分散投資?]
新年になりましてもう数日たちますが、あけましておめでとうございますヽ(´―`)ノ おかげさまで、お正月休みには家族サービスする時間をゆっくり取ることができました。 ここで、2013年最初のエントリー...... [続きを読む]

« “投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012”に投票しました+今年の予想 | トップページ | 税理士にもとめるものは何か 【Refrain 2012】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介