無料ブログはココログ

ブログランキング

« 農協への出資金の処分 | トップページ | 2013年の投資計画 »

2013年1月22日 (火)

2013年の不動産投資

【1月21日終値ベース運用状況速報】
・投資元本+待機資金総額   53,263千円
・評価損益              10,535千円
(分配金・確定損益・税還付込み)
・損益率                   19.8%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOの資産運用の重要な要素である不動産投資ですが、2013年は昨年から引き続き遊休土地に新たな賃貸先をあてがうための関連投資を行います。具体的には以下2点です。

1.賃貸家屋5軒を解体撤去したあとの整地工事

古い家屋5軒を昨年解体撤去しましたが、跡地の活用のために多少の盛土、場合によっては地盤改良を行ったり、隣接する田畑との境界を明示しつつ排水ルートを整えるための外構工事を行う必要があります。

この用地は近くの大型商業施設に入居するスーパーやテナントの従業員向けに駐車場として当面貸し出すことを目論んでいます。しかしながら借り手の目途がつきません。件の商業施設がすぐ近くにあるためアパートの建築用地としてもなかなか良い物件なのですが、資金負担面を考慮するとこれ以上のアパート物件を持つことについては慎重な検討が必要です。

2.飲食店舗跡地の廃棄物処理

これは不動産投資というよりも後ろ向きの費用発生なのですが、同じく古い飲食店舗を昨年末に解体撤去した際に跡地に埋められていた浄化槽の中に廃棄物があったり、大谷石などのガラが大量に発見され、かつ地下水もわき出ており汲み上げが必要と結構な追加工事がかかることが判明しました。今後の跡地利用を考えると放置もできずしっかりとした処置が必要です。

この跡地については取引のある不動産業者を介して新しい賃貸先を探しており、現在候補先がでてきています。現在商談中です。

以上の2件合計で今年は4~5百万円の出費を計画しています。

この2件はWATANKOが所有する不動産の中で最後の有休物件なので、賃貸先を探してなんとか収益化を図りたいです。

さて、これで今年2013年の投資計画を考えるにあたっての前提が揃いましたので次回まとめたいと思います。

(つづく)

« 農協への出資金の処分 | トップページ | 2013年の投資計画 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/56584926

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の不動産投資:

« 農協への出資金の処分 | トップページ | 2013年の投資計画 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介