無料ブログはココログ

ブログランキング

« オーナードライバーの禁則ファッション | トップページ | インデックス投資はアクティブ投資と競争する投資ではない »

2013年4月11日 (木)

日本版ISA口座で何を買うか

【4月9日終値ベース運用状況速報】

■投資元本+待機資金総額
 55,245千円

■評価損益
(分配金・確定損益・税還付込み)
 16,180千円

■損益率
 29.3%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

少額投資非課税制度(日本版ISA)が雑誌や新聞記事、Webで紹介されているのを見かける機会が増えてきました。個人投資家ブログでもポツリポツリと記事が目立ってきました。

WATANKOのホンネでは、従来の軽減税率適用の継続の方が手続きも面倒なことなくかつ損益通算もできるため嬉しいのですが、かといって新しい優遇制度をスルーするのも悔しいので利用を考えたいと思います。

では日本版ISAの制度で何を買うか。答えから言うと専用口座はWATANKOと妻の2人分を設けます。2つの口座のうち、1つで先進国株式インデックス投信、もう1つで新興国株式インデックス投信を買うことにします。

年間の非課税枠は1,000千円ですから毎月80千円積み立て購入を自動設定して、かつ12月に40千円追加買いするか、毎月100千円積み立て購入を設定して11、12月は休止するか。そのような具合にてコツコツ投資するでしょう。

その根底にはWATANKOの年間の投信積み立て総額の内、2,000千円分を日本版ISAにあてていこうという考えがあります。WATANKOの年間の投信積み立て購入は最新の方針では株式アセットのみになっており、先進国株式と新興国株式はそれぞれ毎年ほぼ必ず一定額の積み立てを行います。このうち何割かが日本版ISAの対象になるというわけです。

日本版ISA口座の中で複数アセットの投信を買い揃えて独立したアセットアロケーションを組成するのではなく、あくまでWATANKOのアセットアロケーション全体の中で積み立て購入の変動が少ない(毎年ほぼ必ず購入する)アセットに日本版ISAをあてる考えです。

なにせ日本版ISAの専用口座は他の口座と損益通算ができませんし、途中売却すると枠が減ってしまうという特徴をもっています。ですから一度積み立て購入したら5年+5年=10年間ホールドしっぱなしできる確率が一番高いアセットをシンプルに1つだけ選んでおき、リバランスも不要という作戦にします。

そして非課税枠をフル活用するならば、相場の変動を気にして購入を躊躇することなく基準価額が高かろうが低かろうがひたすらドルコスト平均で購入することになるでしょう。

さてそれでは具体的に購入する投信は何にするか。今のところEXE-iシリーズが有力候補ですが、これを期に各運用会社も新商品を展開するかもしれませんので、期待したいところです。

もっともWATANKOとしては従来の確定拠出型年金用の投信を一般販売してくれれば、それでもう十分なのですが。

(おまけ)

この少額投資非課税優遇制度(日本版ISA)は愛称を募集しているとのこと。なんだか遅い気がしますが、果たしてどのような愛称がつくでしょうか。

やっぱりアレなんかどうでしょうか。  「いつかはホニャララ」(笑)

« オーナードライバーの禁則ファッション | トップページ | インデックス投資はアクティブ投資と競争する投資ではない »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

「いざ(ISA)投資」なんてどうでしょうか? 
「さ」で「ざ」ではないというつっこみは無しにしていただいてですが (^o^)

あるいは「いさもん」とか。パクリぎみですが・・・

私も、半分日本株で、残りは海外先進国株、新興国株の三種の積み立てをしようかと思っています。4万、2万、2万というところでしょうか?

木更木義人さん

コメントありがとうございます。

その名称で応募されてはどうでしょうか。
もし採用されれば5年+5年=10年はドヤ顔です。(笑)

>私も、半分日本株で、残りは海外先進国株、新興国株の三種の積み立てをしようかと思っています。4万、2万、2万というところでしょうか?

3つのアセット間でリバランスとか気にならないでしょうかね。私はあくまで1口座1商品にして口座保有中は極力いじらないようにするつもりです。いじる必要が生じたときにはISA口座以外の口座で調整します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/57147196

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版ISA口座で何を買うか:

« オーナードライバーの禁則ファッション | トップページ | インデックス投資はアクティブ投資と競争する投資ではない »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介