無料ブログはココログ

ブログランキング

« インデックス投資で早期リタイアできるのか | トップページ | 【補稿】インデックス投資で早期リタイアできるのか »

2013年4月 4日 (木)

インデックス投資で早期リタイアができる条件

【4月2日終値ベース運用状況速報】

■投資元本+待機資金総額
 55,245千円

■評価損益
(分配金・確定損益・税還付込み)
 13,204千円

■損益率
 23.9%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前回、普通の核家族サラリーマンが給与所得から投資用資金を貯めて、これをインデックス運用しても早期リタイアを実現させるほどの運用成果を出すのは難しいという話をしました。

それではインデックス投資によって早期リタイアの実現度を高めるための方策は何でしょうか。

簡単にいえば現役時代にガッツリ稼ぐことと支出を制限するライフスタイルをとることですが、もう少し詳しく考えてみたいと思います。

1.安定または漸増する収入をリタイアまで継続できること。夫婦共働きなら尚良し。

当たり前ですが転職はよほど待遇改善が見込めなければただの収益リスクです。浮き沈みが激しい業界、法規制にあまり守られていない業種などは大変でしょう。でもゴールドマンサックスに就職して10~15年間の比較的短期間でものすごく稼いでしまう手もあるかもしれません。

また夫婦共働きという2馬力体制ならば収入倍増が期待できます。一方で生活固定費もまた単純に2倍になるというわけではありませんので貯蓄、投資にまわせる金額については妻が専業主婦である家庭に比べて格段に増えるでしょう。WATANKOも収入だけみれば2馬力体制は羨ましいです。

こうして年間2,000千円〜3,000千円かそれ以上の貯蓄を進めることが必要です。

2.独身または夫婦でも子無しであること

夫婦の場合、支出面を考えると子供についてはネガティブにならざるを得ません。

子供をつくったらその時点で大学卒業までの22~24年間、かなり無理を言っても高校卒業までの18年間はもうリタイアできません。そうなると子供を30歳手前で子供をつくった段階で50歳まで早期リタイアは絶望的といえます。

子供を持つことと早期リタイアは経済面からみればトレードオフです。トレードオフに値するか(子供を産み育てる生き方を早期リタイアがごときライフスタイルと比べるな)という議論もあるあるかと思いますが、現実はトレードオフです。

独身または結婚子無しでいる方々は口には出さないかもしれませんが、わかっていることでしょう。

3.住居費は抑えること

もっとも大きな生活固定費は住居費であり、これを抑えることはリタイアまでの資産形成期とリタイア後の生活期間を考えると先ず必須項目です。住まいは低廉な賃貸暮らしか、購入する場合も郊外の中古物件など費用を抑えるべきです。当然ながら住宅ローンも避けるかミニマムにすべきです。

さらには贅沢な暮らしはしないこと。耐久消費財の購入も制限が必要です。自動車保有はあきらめます。さらには食器乾燥機や空気清浄器、ふとん乾燥機なども果たして購入できる状況でしょうか。またカネのかかる趣味を持たないことは言うまでもありません。

こうすれば年間生活費については2,000千円~3,000千円くらいか、独身なら気合いを入れれば2,000千円未満でもいけるかもしれません。

以上、早期リタイアできる条件とライフスタイルを想像してみたのですがいかがでしょうか。

なんだかリタイアという自由を早く手に入れんがために、一方で経済的およびライフスタイルの制約がセットでついてくるようです。それが気にならないという人は良いのでしょうかが、そのような早期リタイアを多くの人が本当に望んでいるのでしょうか。

早期リタイアを目指している個人投資家の方々におかれましては自らが考える早期リタイアが実現できる条件をお示しいただけると幸いです。

« インデックス投資で早期リタイアできるのか | トップページ | 【補稿】インデックス投資で早期リタイアできるのか »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

WATANKOさん、はじめまして。

自分も、インデックス投資で早期リタイア、というのにはちょっと疑問を感じています。現実的な分析、興味深く読ませて頂きました。

ハイリスクな投資で稼げる才能がない限りは、おっしゃる通り、夫婦で稼ぐ能力を高めるか、支出を抑えることが大事だと思います。
あとは、それぞれの人がリタイアした後のライフスタイル、生活水準をどう考えるかにもよるのでしょうね。

shimoさん

コメントありがとうございます。

インデックス投資を否定するつもりはありませんが、その限界についてふれてみました。極めて単純な事ばかり書きましたが、基本原則論を忘れないことも大事かと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/57100011

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス投資で早期リタイアができる条件:

« インデックス投資で早期リタイアできるのか | トップページ | 【補稿】インデックス投資で早期リタイアできるのか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介