無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2013年5月末運用状況 | トップページ | 大学キャンパスの近くに住むライフスタイル »

2013年6月 2日 (日)

(続)2013年5月末運用状況

(前回からのつづきです)

前回の続きとして、ファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。

201305314

さらに「my index(わたしのインデックス)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに期待リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*期待リターン
 5.2% (4.9%)

*リスク
 13.2% (13.1%)

*シャープレシオ
 0.39 (0.37)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*購入元本+投資待機預金元本分
 55,315千円 (55,248千円)

*評価損益+確定損益分
 18,102千円 (16,887千円)

*運用期間
 63か月(62か月)

*元本平均残高
 36,991千円(36,691千円)

*平均年間利回り
 9.3%(8.9%)

<概況>

現在、保有商品は14本。このうち評価益ありが13本、評価損ありが国内ETFの1308、ただ1本です。この1308ですが、5月中ばには一度黒字化したものの、月末の相場下落により今月末ではやはり赤字継続となりました。

「保有商品の評価益+売却による確定損益分込み」については今月また過去最高益を更新しました。でも最近の相場下落をみると最高益更新も今月で終わりやもしれません。

ところでWATANKOを含めて、ここ数年で積み立て投資を始めた方々は相場の下落・低迷・上昇・(そして過熱?)を1サイクル経験したことになります。

これにより投資についての安心感が増したのではないでしょうか。

相場が下落・低迷時にも買い入れを進める。
市場全体平均を買うことで個別銘柄のリスクを回避する。
色々なアセットに分散して投資する。

このような投資行動により、決して保証はされないけれど、手堅くヒト桁%の年間リターンを狙うことができそうだと実感できたのではないでしょうか。

WATANKOもまたあせらず、あきらめず長期のインデックス投資を続けていきます。


« 2013年5月末運用状況 | トップページ | 大学キャンパスの近くに住むライフスタイル »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

小生も下落・低迷・上昇を経験した一人です。
これからは楽観・恐慌を経験するかと思いますが、そんな中でもただ愚直に投資を続けていきたいと思っております。

アフロさん

コメントありがとうございます。

「さがったら、まてばいんだよ。あがるまで。」(byみつお)←嘘

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/57503046

この記事へのトラックバック一覧です: (続)2013年5月末運用状況:

« 2013年5月末運用状況 | トップページ | 大学キャンパスの近くに住むライフスタイル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介