無料ブログはココログ

ブログランキング

« 【お詫び補稿】―NISAは終了後の口座の扱いまで考えればお得でした、といえそうです | トップページ | (続)あなたはジャガーF-TYPEに10,000千円支払えるか »

2013年6月11日 (火)

あなたはジャガーF-TYPEに10,000千円支払えるか

ジャガーが待望の新スポーツカー F-YTPEを発売しました。FRオープン2シーターモデルです。(そのうちクーペモデルも登場予定)デザインはオーソドックスにまとまっており、ジャガーとしては前後重量配分50:50を実現させるなど本格的スポーツカーの仕立てをしています。全長4,470mmは大きさが気にならないギリギリのレベル。日本で買えるグレードは今のところ次の2つです。

*F-TYPE:3リッターV6で340ps。9,500千円。

*F-TYPE V8 S:5リッターV8で495ps。12,500千円

どちらもスーチャー付なので排気量以上にトルクがあります。

諸元表と写真をみるかぎりの感想は以下です。

全幅が1,925mmもあるのに写真で見ると幅広感はありません。室内もタイトな印象です。デザインについてはフロントバンパーの左右のエアインテークがデコラティブであることとリアランプの上下幅が薄くて軽薄かなという印象ですが、全体としては結構オーソドックスな仕立てです。

しかしながらこのF-TYPE、アルミボディ採用の割には重量がV6モデルで1,730kg、V8 Sでは1,810kgもあります。なぜにこんなに重いのでしょうか?FRなので構造上不利なのはわかりますが、これでヒラリヒラリ感をどれだけ期待できるのでしょうか。一体はたしてスチールボディで作れば車両重量は何kgになったことやら。

さらにマーケティング面からみると苦労のあとが見て取れます。自動車雑誌によく書かれれている通りパワーと価格については、V6モデルがポルシェ911(カブリオレ)とボクスターの間の狭い隙間にセットされています。しかしこれもそもそもF-TYPEの評価がポルシェを同等であるという前提があってのことです。

イメージが伝わりやすくするために今後出てくるであろうクーペモデルを引き合いにしてみます。もしF-TYPEクーペがオープンモデルと同じ価格帯ででてきたらどうなるでしょう。その場合F-TYPEクーペはポルシェ・ケイマンよりも価格が高いくせに、ピュア・スポーツの面からはこのミッドシップ・クーペにおそらく勝てないでしょう。

一方で素の911クーペにも価格が近づいてきます。口悪くいえばフェアレディZのグレードアップクーペに10,000千円出すくらいなら、あと2,000千円追い金を払い、エバーグリーンスポーツカー911を選ぶのがリセールバリューも含めて真っ当な選択です。

さて一方V8 Sはどうでしょうか。500psカーが軒並み20,000千円前後、比較的安いBMW Mシリーズでも16,000千円の値付けがなされている中、V8 Sは12,500千円とかなり割安です。もっともそれが他の高級車ブランドに対する今のジャガー、ひいては英国車の位置付けだから仕方がありません。

また競合モデルをもっと思い浮かべてみるとFRオープン2シーターであればミドル級ならメルセデスベンツSLKやBMW Z4などもありF-TYPEの予算があればもっとハイパワーモデルか、あるいは同等のパワーモデルが2,000千円以上安く手に入ります。またクラスを上げてみればSL350や640iカブリオレがF-TYPEと近い価格帯にあり、より高級志向のモデルが手に入ります。

こうして単純に馬力と値段の関係だけでみても既存のドイツ車をメジャーとする高級スポーツカー群に伍してF-TYPEが一定のマーケットシェアを獲得するのは容易ではありません。

これがまだ大きくて市場の裾野が広く、他国よりも値付けが安くてコスパの良さがでてくる米国市場ならともかく、パイが小さい日本となると典型的なユーザーであれば20,000千円未満の価格帯の高級スポーツカーで選ばれるのはポルシェの一連のモデル、ちょっとお安いところではBMWのMシリーズ、あとはメルセデスSLくらいです。こうした高級スポーツカーマーケットにF-TYPEが居座る席はいくつ残されているでしょうか。

« 【お詫び補稿】―NISAは終了後の口座の扱いまで考えればお得でした、といえそうです | トップページ | (続)あなたはジャガーF-TYPEに10,000千円支払えるか »

自動車」カテゴリの記事

コメント

確かにそうですね。
もうちょっとで買うところでした。

kkさん

コメントありがとうございます。

記事ではいろいろと書きましたが、伝統的FRオープンのモダン・スタイルが気にいる人がいてもおかしくはありません。ただ新車であればボクスター、ケイマン、はたまたM3&4、C63、コルベットなどと冷静に比較するべきでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/57566531

この記事へのトラックバック一覧です: あなたはジャガーF-TYPEに10,000千円支払えるか:

« 【お詫び補稿】―NISAは終了後の口座の扱いまで考えればお得でした、といえそうです | トップページ | (続)あなたはジャガーF-TYPEに10,000千円支払えるか »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介