無料ブログはココログ

ブログランキング

« 2013年8月末運用状況 | トップページ | 相続して頑張る次世代達 »

2013年9月 1日 (日)

(続)2013年8月末運用状況

(前回からのつづきです)

前回の続きとして、ファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。

201308314

さらに「my index(わたしのインデックス)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに期待リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*期待リターン
5.0%(5.0%)

*リスク
12.8%(13.0%)

*シャープレシオ
0.39(0.39)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

*購入元本+投資待機預金元本分
55,443千円(55,444千円)

*評価損益+確定損益分
15,358千円(16,503千円)

*運用期間
66か月(65か月)

*元本平均残高
37,828千円(37,557千円)

*平均年間利回り
7.4%(8.1%)

<概況>

現在、保有商品は14本。このうち国内ETFの1308をのぞく13本が評価益ありです。「保有商品の評価益+売却による確定損益分込み」についてはここ数カ月のところは対前月比で増減を繰り返しています。

ところでWATANKOはブログ開設以来、月次で運用状況の詳細を開示しています。この開示されている数値だけをみれば元本で5,500万円、評価損益ベースで7,000万円程度の水準であり、45歳の扶養家族実質3名を抱える世帯主としてはまずますの蓄財とみる方もいるかもしれません。

しかしながら毎月開示しているのは総資産・負債・純資産のうち、リスク金融用商品による投資部分の状況です。実際にはこれ以外にも不動賃貸業用の運転資金、生命保険・損害保険の解約戻入金、出資金(退会⇒変換予定)、退職金(見込み額)、妻名義の預金などの流動資産、さらにはアパート建築資金の借入金など固定負債もあります。

これら資産・負債をあわせてNETした純資産はそれほど高くなく、まだまだハッピーリタイアが見えるような位置に立っているわけではありません。(固定資産の所有について過信をしないようここでは省いて考えています。)

仕事も蓄財も投資もまだまだコツコツ頑張らねばなりません。でも最近老眼が目立つようになりました。うーん、年だなあ....

« 2013年8月末運用状況 | トップページ | 相続して頑張る次世代達 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58099877

この記事へのトラックバック一覧です: (続)2013年8月末運用状況:

« 2013年8月末運用状況 | トップページ | 相続して頑張る次世代達 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介