無料ブログはココログ

ブログランキング

« 事業用不動産の賃貸契約期間は何年がよいか | トップページ | 2013年11月末運用状況 »

2013年11月28日 (木)

東京モーターショー2013 駆け足&放言インプレッション

【11月26日終値ベース運用状況速報】

■投資元本+待機資金総額
 55,440千円

■評価損益
(分配金・確定損益・税還付込み)
 21,917千円

■損益率
39.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


先日、知り合いの中古車屋さんと一緒に東京モーターショー2013(以下TMS)に行ってきました。(中古車屋さん曰く“研修”だそうです。)

TMSはこれまでの経験からすれば概ね2時間もあれば展示全体を見ることが可能です。今回は前回同様平日夜に入場しましたので比較的空いておりストレスなく見ることができました。各メーカー展示それぞれについて正味で関心があったところについて駆け足で見て廻ったわけですが、そのインプレを放言とあわせてお届けしたいと思います。

【トヨタ】

トヨタといいつつのっけからレクサスですがISクーペ...ではなくてRC(BMW4シリーズを相当意識しています。)、それとミドルクラスSUVのLF-NXが目玉。おっとノア/ボクも忘れてはいけませんが元からして地味なので目立たず。FCVコンセプト?ハリボテには興味ありません。市販間近なモデルだけ持ってきなさい!と言いたいです。それと86オープンがひっそりと展示。一部報道では市販化は中止との悲報も。ハリボテ飾っている余裕があるならサッサと出してください。

Photo

【ホンダ】

NSXは一体いつ市販化されるのでしょうか。本当に2015年に発売されるのでしょうか。フロントマスクの造形はお世辞にも洗練されているとは言い難く、どこかハリボテ感も漂います。また既にBMWのi8よりも古く見えてしまうのはWATANKOだけでしょうか。聞けば開発は北米ホンダ主導とのこと。どうりでコルベットよろしくエッジばっかり目立つデザインなわけです。一方、来場客の注目はS660コンセプトの方が大きったです。そりゃあそうでしょう。おそらくNSXの6分の1から7分の1の値段で買えるわけですから。

Photo_2

【日産】

タマ不足感ありあり。マイナー・マイナーチェンジのGT-Rと二スモZでは寂しいです。スカイラインもエリアの端っこにひっそりと展示。ティアナにしてもフルモデルチェンジにも拘わらず地味に展示。ここは中国ではないから仕方ないか。

【スバル】

国産メーカーではセカンドグループに過ぎなかったスバルが業績好調を反映してか、派手派手に展示してくれました。ティザー広告までつかってプロモするインプレッサ以上レガシィ未満のツーリングワゴン、レヴォーグ登場。(某英国メーカーのスタイリッシュSUVのことではありません。名前をパクったのはありありだけど。)

【マツダ】

アテンザ・アクセラ・アテンザ・アクセラ・アテンザ・アクセラ....ひたすらこればかりです。しかも展示車は全て赤ボディ。食傷気味です。目がチカチカしてきました。

【スズキ】

軽自動車の新モデル・ハスラーに注目。パイクカー一歩手前ですが、骨太感もあります。さすがジムニーを発売するメーカーだけのことはあります。その他にもコンセプトカーを何台か出展していましたがどれもチョロQ。

【三菱】

ここはまさにハリボテだけです。日産からのOEMばかり販売する日はそう遠くないうちに来るでしょう。

【ダイハツ】

新型コペンは偉い、よく出したと言えますが同じ軽スポーツカーのS660と比べると何とも垢抜けないデザインです。ビートみたいにピニンファリーナにデザイン委託することを強く勧めます。

【輸入車】

多くのメーカーが市販車および市販間近のモデルをこれでもかというくらい展示していました。ハイブリッドやEVも目立ちます。テスラのモデルSまで展示されています。WATANKOとしてはシボレーの新型コルベットが見たかったですが展示無し。残念至極。でもポルシェ・マカンや911ターボカブリオレが見れたからよかったです。

Photo_3

BMWのi8はガルウィングドアなので日本で駐停車する場合、ドアエッジにプロテクターをしっかりつけていないと周囲にぶつけて傷だらけになりそうです。あとアルピナに右ハン仕様がありました。ようやく日本でまともに売る気になったのか。

Photo_4

フィアットやアメリカ勢が今回は出展していなかったのが残念です。かれらにとっては極東のモーターショーに出展示している場合ではないということです。

WATANKOのような自動車好きにとってモーターショーはたくさんのメーカーのたくさんのモデルを一堂にみることができるのでとてもありがたいです。極東アジアのモーターショーとしての地位はいまや上海に譲るかもしれませんが、日本人自身にとってはそのようなことは些細なことかもしれませんね。

« 事業用不動産の賃貸契約期間は何年がよいか | トップページ | 2013年11月末運用状況 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

今回の東京モーターショーは何となくパッとしない感じですね。
大衆車でスポーツテイストな車に乗っているwater boyとしては、レヴォーグ、アクセラあたりは気になる車ですね。

water boyさん

コメントありがとうございます。

トヨタ、日産は確かに地味でした。一方でメルセデスやBMWはたくさんのモデルを並べており、大半が市販車とはいえ、なかなか見応えありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58656504

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2013 駆け足&放言インプレッション:

« 事業用不動産の賃貸契約期間は何年がよいか | トップページ | 2013年11月末運用状況 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介