無料ブログはココログ

ブログランキング

« ニューモデルのどこに金を払うのか | トップページ | (続)2013年10月末運用状況 »

2013年11月 2日 (土)

2013年10月末運用状況

前々回の記事「REITがあるのになぜ現物を買うのか」はPETさん(「自分自治体(資産運用の記録ブログ)」)、とよぴ~さん(「高配当ETFで戦略的インデックス投資日記」)、ちんあおさん(「ちんあおの小さなお金のブログ」)他著名なブロガーの方々にツイッターで取り上げていただいたおかげで随分とアクセスがありました。PETさん、とよぴ~さん、ちんあおさん他皆様ありがとうございます。またREITを推すことについてやはりツイッターで注意喚起いただきましたshimoさん(「セルフ・リライアンスという生き方」)、ありがとうございます。
(WATANKOはツイッターは「読むだけ男」なので、この場を借りて御礼)

さて運用状況ですが、最近の日経平均は堅調というか踊り場というか、WATANKO的にはなんとも様子見な相場が続いています。一方海外株式は息を吹きかえして再上昇中。おかげでWATANKOのインデックス投資結果は最高益を更新しました。ここがゴールなら良いのですが資産運用の長旅は長編連載マンガのごとく、まだまだ続きます。

さてインデックス投資を始めて5年と8か月が経ちました。2013年10月末の運用状況です。

(Notes)
◆商品名は略称です。
◆各アセット毎に、購入順に並んでいます。
◆表中の金額単位は千円です。
◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。
◆海外ETFの円換算レートは97.96円/$です。
◆赤字は現在、積立対象の商品です。
◆評価記号の内容は以下です。

◎:+25.0%~
○:+15.0%~+25.0%
△:+15.0%~+ 5.0%
▲:+ 5.0%~▲ 5.0%
×:▲ 5.5%~

201310311

さて、次に14本の保有商品ほかを以下の3つのグループに分けてみました。

Aグループ:積立中+留保
現在積立中の商品+以前まで積み立てており、現在は積立中止だが、信託報酬は積立中の商品に次いで低いため、慌てて売らず保有継続している商品。(資産運用メイン)

Bグループ:別枠保有中
日本+先進国+新興国のETFを揃えたワールドワイド・パッケージ。本来は大きな資金需要が発生すれば直ちに売却する方針だが、当面それがなくなり宙に浮いた状態。でもローコストであるし、インデックスファンドであることに変わりはないのでとりあえず保有継続中。

Cグループ:投資待機預金ほか
以下によって構成されるその他群
1)インデックスファンドの売却により回収した元本
2)インデックスファンドの売却により確定した損益結果
3)インデックスファンドの売却に伴い発生した税金徴収・還付額及び端数調整
4)日本債券アセットに属する低リスクのインデックス投信。暫定的な所有分も含む。
5)外貨MMF(為替リスクありますが少額なので集計の都合上ここにいれています。)
6)年度ごとに投資に廻す資金
6)その他

201310312

また売却済み投信の履歴とそれに伴う税還付の明細は以下のとおりです。

201310313

(つづく)

« ニューモデルのどこに金を払うのか | トップページ | (続)2013年10月末運用状況 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58498191

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月末運用状況:

« ニューモデルのどこに金を払うのか | トップページ | (続)2013年10月末運用状況 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介