無料ブログはココログ

ブログランキング

« 復活のハリヤー、ブランドを捨ててまた拾うトヨタ | トップページ | ポートフォリオのリストラクチャリング2013師走(その1)信託報酬の高いインデックス投信の売却 »

2013年12月 7日 (土)

ポートフォリオをリストラクチャリングする個人投資家達

師走に入りWATANKOがいつもブログ拝見している個人投資家の皆さんが、自身のポートフォリオを見直している様子があちらこちらでうかがえます。

信託報酬の低いインデックス投資の登場や国内ETFの充実をうけて海外ETFを売却し、これらに乗り換える人。

全部とはいわないまでも保有商品の一部をクロス取引する、またついでに信託報酬がより安い同種商品に乗り換える人。

などなどです。

具体例を挙げてみます。

投信で手堅くlay-up!
海外ETFから撤収しインデックスファンドに移行します!

レバレッジ投資実践日記
海外ETFからの撤退も選択肢

富士宮で貯蓄と資産運用
やっぱETFより投信がいいって思いました・・・僕の場合。

2020年への資産運用の旅   since 2011.7.18
海外ETF(TOK)を全売却・利益確定

もーまがBlog
海外ETFをバッサリ売却

セルフ・リライアンスという生き方
外国株式クラスでクロス取引

これらは相場好調・円下落という下地に加えて証券優遇税制の期限があり、ないがしかの商品売却を考えていた人たちがついに行動をおこしたのでしょう。

さてWATANKOはどうかといえば、やはり自身のポートフォリオのリストラクチャリングを考えて実行しました。

約定と入金に数日を要するので追って記事にしたいと思います。

それと前もってひとつ反省があります。

クロス取引ですが、先日の記事では保有資産額の中のリスク資産の全額を一度に売り&買い戻しするためには売却代金を買付に廻わすまでの間のつなぎ資金が必要と書きました。全額分のつなぎ資金となると用意が大変ですが、商品やアセットごとに分けてクロス取引を行えばつなぎ資金の負担も減るというアイデアもあるかと気がつきました。

さて証券優遇税制がいよいよ終わります。来年からはNISAがスタートします。春には消費税もあがりコスト負担も増えます。

皆さんのポートフォリオの身だしなみは整っていますか?


« 復活のハリヤー、ブランドを捨ててまた拾うトヨタ | トップページ | ポートフォリオのリストラクチャリング2013師走(その1)信託報酬の高いインデックス投信の売却 »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。
記事紹介していただきありがとうございます。

どうしたらいいのか迷いながらも、
試行錯誤しながらやってるので、
あまり参考にならないかもしれませんが。 coldsweats01

クルマはクライスラー(ダッジ)のバイパーが好きです。
ミニカーだけは十数台保有してます。 happy01
昔GT選手権にバイパーが出ていた頃は、
よくFISCOに行ってました。

今後ともよろしくお願いします。

mochiさん

コメントありがとうございました。

国内ETFはこれからもっと充実すると良いですね。

バイパーですか、後継モデルがないのが残念です。クライスラーもフィアットからマセラティあたりのシャシーを譲ってもらってまたハイパワーモデルを作ってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58705153

この記事へのトラックバック一覧です: ポートフォリオをリストラクチャリングする個人投資家達:

« 復活のハリヤー、ブランドを捨ててまた拾うトヨタ | トップページ | ポートフォリオのリストラクチャリング2013師走(その1)信託報酬の高いインデックス投信の売却 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介