フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« BNDからの収益分配金が42,000円入金。こりゃうれしいな | トップページ | 2014年1月の積み立て購入商品 »

2014年1月22日 (水)

分散・積み立て・インデックス投資の紹介-週刊東洋経済の特集記事を読んで

【1月20日終値ベース運用状況速報】

■投資元本
 54,030千円

■評価損益
(分配金・確定損益・税還付込み)
 22,435千円

■損益率
41.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

誰が呼んだか(呼んでない?)日経ビジネス、週刊ダイヤモンドと並んで三大ビジネス誌と言われる週刊東洋経済。その今週号では「今年から始める株・投信」と称して資産運用特集を掲載しています。長距離通勤者のWATANKOとしては、図書館で読めばよいのに仕事で疲れた脳味噌へのおつまみとして、つい買って読んでしまいました。500円あれば投信積み立て購入あるいは生ビール中ジョッキ一杯が飲めるのにと690円の散財を刹那、反省しつつも電車内にてパラパラ読み始め。

特集は頭出し4ページのあとに株式30ページ+投信10ページという構成です。株式は相場見通しについて悲観・楽観両論併記、IPO投資の勧め、株式投資で儲けた人・話題のサイト紹介のほか推奨銘柄を合計12ページにもわたり記載といった、まあよくある内容です。

ここですでに睡魔が襲ってきたところへ、次の投信信託の特集へと進みます。このぶんだと毎月分配型投信の分配金利回り等といったお約束のランキング情報で誌面が埋められているかと思いきや、NISA解説を皮切りにイボットソン・アソシエイツ・ジャパンによる分散、積み立て投資の推奨と繋げてインデックス投信の紹介記事です。ここでは運用会社13社のインデックス投信の紹介。商品ごとに販売手数料上限、信託報酬、信託財産留保額だけをひたすら掲載するニクイ一覧表。さらにはFunds of the Year 2014やインデックス投資のトップ著名ブロガー水瀬ケンイチ氏によるインデックス投資の紹介記事と続きます。まるで日経の田村正之編集委員が担当したかのような構成でした。

NISAを梃にした面もありますが、このインデックス投資を前面を押し出した今回の投信特集が果たして日頃、東洋経済を読んでいるビジネスマン他にどれだけ理解と賛同を得られたのか。儲かる毎月分配型投信を求めて購入した個人投資家は求める情報が載っていないからと近くのコンビンのゴミ箱に捨てただけなのか。編集部のみならずWATANKOもまた読者の反応を見てみたいです。さらには友人知人の中で投資を始めたいという初心者から相談をうければ、この東洋経済の投信特集記事を読むことを勧めるでしょう。

・・・のようなことを半ば夢うつつとなりながら考えていて居眠りに突入。気がつくと下車すべき最寄駅を乗り過ごしてしまいました。反対側の上り線に乗り換えて戻る間、手にした東洋経済の残りの記事を読み漁りました。

690円払ったおかげで退屈せずに済みました。(オチ)

« BNDからの収益分配金が42,000円入金。こりゃうれしいな | トップページ | 2014年1月の積み立て購入商品 »

図書雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58987871

この記事へのトラックバック一覧です: 分散・積み立て・インデックス投資の紹介-週刊東洋経済の特集記事を読んで:

« BNDからの収益分配金が42,000円入金。こりゃうれしいな | トップページ | 2014年1月の積み立て購入商品 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト