無料ブログはココログ

ブログランキング

« 駄ブログ、2014年スタート | トップページ | 2014年の投資計画 »

2014年1月 4日 (土)

2013年12月末運用状況

上げ上げで締めた2013年日経平均。ドル/円も105円近傍まで上昇した結果、皆さんと同様にWATANKOのポートフォリオも金額が膨張しています。膨張と書きましたのは、やがては収縮する日もやってくるということを言いたいがためです。マラソンの途中結果に一喜一憂することは、時には長期投資のモチベーションを保つためにも必要なことではありますが、目の前の結果に大袈裟な期待も失望をせずコツコツ投資を続けていきます。

というわけでインデックス投資を初めて5年と10ヶ月が経ちました。2013年12月末の運用状況です。

(Notes)
◆商品名は略称です。
◆各アセット毎に、購入順に並んでいます。
◆表中の金額単位は千円です。
◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。
◆海外ETFの円換算レートは105.25円/$です。
◆投資待機資金には以下が含まれます。
・購入元本:インデックスファンドの売却により回収した元本、年度ごとに新たに投資に廻す資金
・評価額及び評価損益:インデックスファンドの売却により確定した損益結果及び税還付額等(評価額・評価損益)
・なお日本債券アセットに属する極低リスクのインデックス投信(暫定的な所有分も含む。)や外貨MMFもここに含みます。
◆評価記号の内容は以下です。
◎:+25.0%~
○:+15.0%~+25.0%
△:+15.0%~+ 5.0%
▲:+ 5.0%~▲ 5.0%
×:▲ 5.5%~

201312311

12月に保有商品の整理・統合を行ったため、運用状況報告のカテゴリー、区分を変更しました。全体としてはスッキリとしました。

ともかくも直近1年で多数商品を売却し、それによって手元にもどってきた資金でまた別の商品を買い付けたので証券投資に充てている元本の把握がわかりにくくなっていました。毎月の商品売買の一覧記録はあるのでそれをもとに元本を改めて把握しています。SBIハイブリッド預金残高をみても売却で得た利益額+売却してもどってきた元本分の合計から再度買い付けにいくら廻したのかがわかりにくくなっていました。

11月末時点と比べて、基準価額の上下動をのぞけば売却に伴って発生した税金費用の分だけ総資産が減っていることになります。

その売却済み投信の履歴は以下のとおりです。

201312312

続いてファンド・オブ・ファンズに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。

201312313

さらに「my INDEX(わたしのインデックス)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに期待リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●期待リターン
5.7%(5.0%)

●リスク
12.7%(13.4%)

●シャープレシオ
0.45(0.37)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●購入元本+投資待機預金元本分
54,030千円(54,590千円)

●評価損益+確定損益分
23,443千円(22,518千円)

●運用期間
70か月(69か月)

●元本平均残高
38,661千円(38,433千円)

●平均年間利回り
10.4%(10.2%)

<概況>

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに含まれている分を除けば先進国債券を再び保有し始めました。その結果、分散効果が効いているのか、my INDEXの結果ではリターン、リスク、シャープレシオいずれも明確に改善しています。しかしながらこれも過去の統計結果に基づくものにすぎないので過信は禁物ですね。

さて今年は投資待機資金を取崩して、積み立て投資を再開します。次回記事にする予定です。

« 駄ブログ、2014年スタート | トップページ | 2014年の投資計画 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/58877409

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年12月末運用状況:

« 駄ブログ、2014年スタート | トップページ | 2014年の投資計画 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介