無料ブログはココログ

ブログランキング

« Intermission 2014/6/15 | トップページ | (続)投資方針の振り返り@2014 »

2014年6月19日 (木)

投資方針の振り返り@2014

【6月18日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

59,930千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

23,087千円

■損益率

38.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

A0002_006859
(このお金を増やしたい...。だってスーパーカーが欲しいから。)

日本中がサッカーに湧き、だれもがセルジオ越後かラモス瑠偉、はたまた松木安太郎になるこの時期。一方、WATANKOは仕事に埋没せざるを得ませんでした。ここ1週間で90時間ぐらい働きました。吐きそうです。46歳の体にはキツかったですが、この激務ももうすぐ終わります。嗚呼、SBI証券のサイトで今月の買い注文を入れねば...。

さて、こんな激務の時にあっても継続できる投資行動。これは大事であります。WATANKOは素人個人投資家を自称してはや6年4か月。そこで今までの投資経験を経て、一定の帰着をみた自身の投資方針を振り返ってみます。

1.投資信託で分散投資⇒悩みの半分が消える

証券投資の悩みは「何を買うか」と「いつ買うか」、であります。分散投資を選ぶことでこのうち一方の「何を買うか」という悩みはかなり解消できます。

トヨタが、武田薬品工業が、ファーストリテイリングがどんなに素晴らしい民間企業であっても、そこだけに集中投資するほど私は先が読める人間ではありません。手垢のついた言葉を流用すれば、ひとつの籠に卵を全て盛れません。

考えてもみてください。サラリーマンは、自身の人的資本を特定の企業に集中投資しています。また多くの人が住宅ローンという名の特定不動産への集中投資をしています。賢者であれば保険商品も絞り込んでいるでしょう。大型耐久消費財である自動車もまた一家に1台が普通でしょう。(除く田舎)黙って入れもワン&オンリーな選択ばかりしていることが多いのです。

人生の諸々でこうした集中投資を行っているわけですから、証券投資の時くらい分散投資で大失敗をさけることを心掛けても、それはちっとも臆病ではありません。

個別株投資であっても数十の銘柄に分散投資すれば、その効果を得ることができるかもしれませんが、管理が非常に面倒です。よって使い勝手の良さもあいまって投資信託が分散投資の実践ツールとして浮かび上がってくるわけです。


2.日常の金銭感覚の延長⇒低コストな金融商品を選ぶ

資産を増やしたいという投資行動をとるのであれば、そこにかける費用は最小限にとどめようと考えるはほぼ常識です。費用を掛ける行為は、増やす結果を追求することに対して真逆の行為だからです。

考えてもみてください。我々庶民はコンビニやスーパーでの買い物やレストランやファストフードでの飲食において購入品の価格にいつも敏感です。50円安い方のサンドイッチを選んだり、300円高いからチャーシューメンをあきらめたり(悲)していす。手数料がかかる時間帯でのATM利用は避けますし、ガソリンの価格にも敏感です。

普段このような価格に敏感な生活を送っている人であれば、当然ながら金融商品選びにおいても低廉商品一択なはずです。

信託報酬が1%も高いファンドであれば、500千円保有すると年間5,000円もコストが余計にかかります。「1%よりも高いリターンが出れば良いのです。」と唱える方がいるかもしれませんが、そのような方にはこう応えます。「貴方が保証してくれますか?」

(つづく。激務続きで激眠いです。すみません。)

« Intermission 2014/6/15 | トップページ | (続)投資方針の振り返り@2014 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

二つトラックバックが行ってしまったようで、一つ消していただけませんでしょうか?
いつも参考にさせてもらっています。
今後もブログ楽しみにしております。

木更木義人さん

コメントありがとうございます。

貴ブログも、もっと更新記事が読みたく、楽しみにしております!

依頼了解しました。

木更木義人さん

すみません、重複したトラックバックを一つだけ消したのですが、なぜか2つとも消えてしまいました。(なぜだか不明)

しかしながら私の心の中にトラックバックは残っております。お許しください。

WATANKOさん、私のトラックバックは残っているみたいです。見える人と見えない人がいるんでしょうか? デジタル怪談かも知れませんね。なくなっても構いません。お気になさらず。

木更木義人さん

>私のトラックバックは残っているみたいです。見える人と見えない人がいるんでしょうか?

そのようみたいです。以前、アクセスカウンターも同じような症状があり、詳しくは忘れましたがニフティのQ&Aサイトで対策を調べて直しました。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/59844010

この記事へのトラックバック一覧です: 投資方針の振り返り@2014:

» 一つに懸命になるより、複数で賢明になれ [目指せ楽隠居! インデックス投資半年休眠派健忘録]
watankoさんの記事『投資方針の振り返り@2014』 考えてもみてください。サラリーマンは、自身の人的資本を特定の企業に集中投資しています。また多くの人が住宅ローンという名 ...... [続きを読む]

« Intermission 2014/6/15 | トップページ | (続)投資方針の振り返り@2014 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介