無料ブログはココログ

ブログランキング

« あの土地を埋め立てろ-(その5)悪意をもつクレーマーの登場 | トップページ | あの土地を埋め立てろ-(その7)悪意をもつクレーマーへの対策 »

2014年9月14日 (日)

あの土地を埋め立てろ-(その6)悪意をもつクレーマーが引き起こす騒動

【9月12日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

59,930千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

27,200千円

■損益率

45.4%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1030377_imgno6

(前回からの続きです。)

WATANKOは所有する田畑土地(以降、W田畑)を造成、更地にして隣接する自動車ディーラーに賃貸する計画を実行することにしました。その体験談 第6話です。展開は混沌としていきました。

<登場人物>
・川越氏:自動車ディーラーの意向をうけ、賃貸の提案をしてきた不動産業者
・山野氏:川越氏から紹介された許認可関連の手続きを代行する土地家屋調査士
・渡部氏:西側の角地の所有者
・長谷部氏:東側の隣地の所有者
・斉藤氏:北側の隣地の所有者
・大林:斉藤氏の義弟であり自称代理人

境界線上の盛り土のトラブルに端を発して無理難題な要求と暴言をWATANKO側につきつける大林は、一方で市役所の都市計画課に対してもW田畑に対する開発申請を許可したことについてクレームをつけました。いやもっと正確にいえば市役所内にて大声で怒鳴り散らし、騒ぎ立てているというわけです。

都市計画課の担当者によると、大林は以前にも産業廃棄物関連の事案にて市役所に怒鳴りこんできた過去があるクレーマーとのこと。そのうちやくざ紛いの業者とつるでいるとかいう未確認情報も入ってくる始末です。

ここまで得た情報から大林がまともな話ができる相手とはいいがたいです。また斉藤氏と直接交渉する手もありますが、どうせ即座に大林がしゃしゃりでてくるとは明白でした。

そうこうしているうちに二度、三度と大林は市役所にやってきて、相変わらずW田畑の開発申請は違法だ、取り消せと根も葉もないことを言って騒いできます。

田舎町のお役所なぞはトラブルを避けたいでしょうから、やがて「隣接土地所有者との紛争があり、これを解決するまで開発許可を一時停止する」なんて言い出しかねません。そんなことにでもなればまさに大林にとってゴネ得ではありませんか。

そうでなくとも各種届け出や許認可には有効期限があり、あまり中断時期を引き延ばすわけにはいきません。

現時点では都市計画課としては開発行為の要件は満たしており、許可も出しているのだから決定は覆らないこと、また同課の担当者は大林のクレーマーぶりを知っており、同人の主張は筋が通らないため、心情的には圧倒的にWATANKO寄りになってくれています。しかしクレームが長引けば、市役所内の役人の間でどうなることやら。

一方でWATANKOに本件を仲介してきた不動産業者の川越氏も大林にコンタクトして穏便な解決の道を探ってくれたようですが、大林の態度は相変わらずでした。川越氏いわく「大林のWATANKOさんへの要求、ありゃあハッキリ言ってただのイチャモンですわ。」と匙を投げる始末です。

実は川越氏は造成済みの北側隣地の売却を斉藤氏から以来されており、その経緯もあってもともと大林と面識がもともとありました。川越氏いわく北側隣地の売却がなかなか進まない一方で、W田畑の活用が進行することに対するやっかみもあったのかとのこと。WATANKOにとっては斉藤氏/大林の懐事情などどうでもよいことでしたが。

そしてWATANKO側にとって最大のネックは、海外転勤まで残り2ヶ月を切った現在では今後の対応など諸々を検討、実行してトラブルを収束させるまでの時間はあまり残されていないということでした。

そこで山野氏と相談した結果、WATANKOが海外転勤のあとには弁護士を代理人として立てて事にあたってもらうことにしました。

関連記事:
あの土地を埋め立てろ-(その1)田畑の再活用
あの土地を埋め立てろ-(その2)隣地の所有者との協議の日々
あの土地を埋め立てろ-(その3)排水不良で田畑が水浸しに
あの土地を埋め立てろ-(その4)いろいろと忙しい日々、そしてやっと着工
あの土地を埋め立てろ-(その5)悪意をもつクレーマーの登場


(つづく)

« あの土地を埋め立てろ-(その5)悪意をもつクレーマーの登場 | トップページ | あの土地を埋め立てろ-(その7)悪意をもつクレーマーへの対策 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

途中で「大林」が「小林」になってるようですが・・・

中林さん

ご指摘ありがとうございました。各人とも当初は本名に似た仮称にて記事を書いていましたが、最終UP前にさらに一斉変更していましたが、その際の漏れがありました。

このブログ記事も次回から後半に突入です。

これって、映画化されたら結構、いろんな知識が身に付いて、役に立ちそうですね。人間関係、心理、交渉術、不動産関係の知識等々。

木更木義人さん

コメントありがとうございます。今回のエピソードを下敷きにして、すでに当ブログの不動産関連の記事をいくつか書いております。

ただ不動産活用の経験豊富な人はいくらでもいるでしょうし、今回の数々のトラブルはヘタレ不動産投資家の恥ずかしい過去歴とも言え、大したものではありませぬ...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/60306317

この記事へのトラックバック一覧です: あの土地を埋め立てろ-(その6)悪意をもつクレーマーが引き起こす騒動:

« あの土地を埋め立てろ-(その5)悪意をもつクレーマーの登場 | トップページ | あの土地を埋め立てろ-(その7)悪意をもつクレーマーへの対策 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介