無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« ETFをラップしてインデックス投信として売り出すのはどうか | トップページ | (続)ついに登場、マツダ新型ロードスター »

2014年9月 4日 (木)

ついに登場、マツダ新型ロードスター

Img_06e6236d0882261f614c1d6c108725f

(超絶カッコいい!)

WATANKO含めた世界中のオープンカー、いやスポーツカーファンが待ち望んだ(コレ大げさではありません。)マツダの新型ロードスターが、9月4日ついに公開されました。

マツダの新型「ロードスター」に関する公式サイトはこちらです。

正式発表は2015年であり、スペック詳細がすべて明らかになったわけではありませんが、ここでは先ず公開された写真からみてとれる印象を記します。

先ず第一印象はアテンザ、アクセラに通じる最近のマツダ流のデザインであることです。フロントグリルの形状もペンタゴン、丸目のリアランプと現在のマツダのデザインディテールを踏襲しています。しかし一方でフロントライトはアテンザやアクセアに似すぎず、独自のシャープなデザインです。フロントのライトやグリルには余計なメッキパーツはついておらず、シャープな印象を持たせています。やはりロードスターはサルーンとは違うことを見せつけています。

一方で現行NCと側面レイアウトを比較してみれば、基本は同じですがいくつか興味深い点があります。

現行NCがこちらです。

Index_sec4_img11

対して新型(ND)です。

Img_c22be5554bed0745f16118d34b7efce

まず座席位置がNCよりも後ろ寄りになっています。その結果フロントノーズがNCよりも長めになります。これはBMWのZ4などを典型例とする伝統的なスポーツカーのプロポーションです。(WebではZ4に似ているとの声もチラホラ)

いかにフロントノーズが長いか、幌を上げた状態を見ればよくわかります。

Img_ba2cb445daf921564d39b5354dc516b

また新型のフロントウィンドはNCよりもやや傾斜が強いです。これはロングノーズとのバランスを勘案したこと、ならびに幌のサイズを抑えるためのデザインかもしれません。

余談ながら公開された新型ロードスターのカラーはレッドですがホイールとウィンドスクリーン枠をブラックに仕立てており、モダンです。実はWATANKOはもしNAの中古を手に入れて愛車にする場合には同様にブラックホイールに替えて、ウインドスクリーン枠をやはりブラックに塗り替えるアイデアをもっていました。公開されたモデルのカラーコーディネートはまさにドン・ピシャリです。

Img_987a8a92849f18e68f6f61d536c87d0

それとインテリアですが、これはセンターコンソール上部にはタブレット端末をポン付けしたような最近のデザイントレンドを取り入れています。(メルセデスのA、Cクラスも同様)

あとはこれまたZ4似かもしれませんが、空調コントロールが3連ダイヤル式のようであるほかは特に目立った特徴はありません。エクステリアと比較すると総じて大人しいです。コストとの兼ね合いもあったかもしれません。

WATANKOであればオープンエアによる汚れが気になるかもしれませんが、それでも明るいインテリア色を選ぶでしょう。

現行NCロードスターは2005年に発表されてもうすぐ10年になるところです。次期モデルの発表はもっと早いはずでしたが、リーマンショックによる不況のため遅延し、2015年までずれこむことになりました。今般やっと登場あいなったわけですが、歴代モデルにあったどこかファニーな面はなくなり、先鋭的で男性的なデザインに寄っていきました。写真を見る限りでは期待を裏切らないデザインであるようです。

はやく実車がみたいものです。

(つづく)

« ETFをラップしてインデックス投信として売り出すのはどうか | トップページ | (続)ついに登場、マツダ新型ロードスター »

自動車」カテゴリの記事

コメント

カッコいいですね。
これなら新車で買ってもいいかな・・。
値段も250~300万程度のようだし。
(フェアレディZ同様、2シーター以外の欠点はないですね)

かつてのシボレーカマロを彷彿させるデザイン。
オープン(コンバーチブル)であることを考えれば、買得だと思います。

預金王さん

コメントありがとうございます。

>かつてのシボレーカマロを彷彿させるデザイン。

あー、1993-2002年に販売されていた4代目モデルですね。

↓以下ご参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%AD

ところで預金王さんて、昔、日産党じゃあありませんか?

いえ貴ブログやいただいたコメントからなんとなく、そんな気がしました。


>昔、日産党


正確に言うと、実家はニッサンしか乗っていません(笑)。別に業界人でもないのですけど。。
フォルクスワーゲンとかはありました←私の小さい頃。

ですから、GRX120を買ったときは寝返ったか・・と。
私自身は拘りなく、RX-8とかでしたね。
只、ユーノスなんかは、結構受けがよかったみたいです(実際セカンドカーの話もありました・・)
他方、ポルシェとかなると、私の方が理解できなく(なぜ、そんな高額なもの??)いろいろです。

現在は私も大きくなり、GRXが年齢的にも遜色なくなりました(なんせ、中年ですからね)。
下取りの不利だったマツダ車ですが、バリューから考えても、今回のロードスターとか前の8の時とかは、新車でも悪くない(逆にプレミアもの)。
アテンザのようにいたずらに大きいと考えものですが・・

※アメ車(シボレー、クライスラー、マスタング、キャデラックとか)は見るには好きです(所有はちょっと厳しいか)

預金王さん

なるほどわかりました。

アメ車は割安感がかなりあるモデルもチラホラあるので、自分にドン・ピシャなモデルがあるとかなり買い得ですね。(90年代にチェロキージープが299万円で売り出されたる。コルベットは高い動力性能の割にはいつも安い。などなど)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/60261313

この記事へのトラックバック一覧です: ついに登場、マツダ新型ロードスター:

« ETFをラップしてインデックス投信として売り出すのはどうか | トップページ | (続)ついに登場、マツダ新型ロードスター »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト