無料ブログはココログ

ブログランキング

« マイカー保有と代替手段を比べる時には前提条件をすり替えないでほしい | トップページ | 2014年11月末運用状況 »

2014年11月30日 (日)

2014年11月の積み立て購入商品

11月も終わり、今年もあと残すところ1か月になろうとしています。ドル円の為替レートは118円あたりまで円安になってきました。リーマンショックの後に円高が進むと、(根拠もありませんが)「もう120円なんて為替レートにはありえないのでは」と漠然と考えておりましたが、それがいまや120円目前であります。WATANKOの余裕資金による資産の中に占める外貨資産の割合は全体の2/3、リスク資産にかぎれば8割近くとなっているため、相場上昇だけでなくこの円安がWATANKOの資産運用をかなりのプラスに導いています。

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201411302

さらに11月の仕入れの結果、10月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

Notes)表中の金額単位は円です。

201411303

先進国株式アセットの積み立て投資はSBIポイントが付与されるキャンペーンに応募中のためSMTグローバル株式インデックス・オープンを200千円積み立て購入しています。

その他にはいつものとおりニッセイ日経225インデックスファンド、野村インデックスファンド・新興国株式Funds-iをそれぞれ100千円購入しました。

冒頭に外貨資産の割合が高いWATANKOの場合、円安が運用成績をブーストUPさせていると述べましたが当然ながら将来は円高の局面もあるでしょう。

WATANKOが60歳以降でリスク金融資産を全て売却し手仕舞いする時の為替レートはどれくらいの水準になるのか。予測などできませんが、ある程度円安の時を狙いたいものです。それを自在に決められるのも個人投資家の強みですね。

« マイカー保有と代替手段を比べる時には前提条件をすり替えないでほしい | トップページ | 2014年11月末運用状況 »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/60737459

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年11月の積み立て購入商品:

« マイカー保有と代替手段を比べる時には前提条件をすり替えないでほしい | トップページ | 2014年11月末運用状況 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介