無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? | トップページ | (続)リスク許容度をはかる起点は元本なのか、時価なのか »

2015年2月 9日 (月)

リスク許容度をはかる起点は投資元本なのか、時価なのか

【2月6日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

66,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

33,648千円

■損益率

51.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて今回も万年素人個人投資家目線な記事を一発いってみたいと思います。

生活防衛資金とならんで投資におけるメジャーなテーマとしてリスク許容度があります。

自分がどれだけ損失を発生しても投資を継続できるか、そのデッドラインをあらかじめ決めておこうというものです。

ところで素朴な疑問なのですが、あらかじめ決めておいたリスク許容度を用いて実際のリスク管理をしようとした時、はたしてリスク許容度の起点となる金額は投資の元本でしょうか。それともその都度の時価でしょうか。

【事例】
個人投資家のXさん。投資元本が10百万円、リスク許容度が30%とします。さて今般、長期投資の成果が実り運用残高は15百万円に増えました。
さて彼がこれから運用を続けていくうえでとらえるべきリスク許容度の起点となるのは、当初どおり投資元本の10百万円でしょうか。それともいくら投資したのか(買値はいくらであったのか)はどうでもよくて、只今現在の運用残高15百万円を起点に考えるべきでしょうか。

⇒解答A:投資元本の10百万円
リスク許容度30%なので、10百万円×(1-30%)の7百万円までの下落に耐えられます。しかしこれは15百万円-7百万円=8百万円が吹き飛んでもOKであることを意味します。時価を起点にみれば実に53%の損失を発生させても構わないということになるわけです。

201502091

投資を行い元本に対する一定の運用益がのった場合、果たしてそれでも投資元本をベースにしたリスク許容度を維持し続行けると、視点をかえて時価でみた場合、リスク許容度をこえてリスクをとっているという構図になります。

⇒解答B:時価である15百万円
リスク許容度30%なので、15百万円×(1-30%)の10.5百万円までの下落に耐えられます。15百万円を資産価値の起点としてみれば、吹き飛んでいいのは15百万円-10.5百万円=4.5百万円までということです。

201502092

投資を行い元本に対する一定の運用益がのった後、リスク許容度のベースを時価におくことにより、解答Aにくらべて実際にはリスクを抑制することになります。たとえリスク許容度分が全て吹き飛んでも15百万円-4.5百万円=10.5百万円と投資元本の10百万円を上回る結果は残せます。

資産運用に投下した資金10百万円を起点にしてリスクコントロールをする形に固執すると、元本に対して運用益がのってきた場合、見方によっては運用している当人も意識しないうちにリスク許容度を超えたリスクをとっていることになります。

ここまで読んで多くの人が、

「それは危険だ。リスクコントロールはあくまで解答Bのように時価でやるべきだ。」

と考えるかもしれません。そしてそれは下落リスクに対処する資産運用手法として健全でしょう。

ところで相場上昇と円安によって多くの個人投資家の皆さんには投資元本に対して4割や5割も運用益が出ていることかと推察いたします。

ならば上記解答Bの考え方にそってみれば時価ベースで膨らんでしまったリスクを減らすために保有資産を売却するなどリスクコントロールするべきです。

しかしながらインデックス投資を実践されているブログを眺めていると積極的にそのような行動にでましたという話をあまり聞きません。何があってもバイ&ホールドを貫いている姿勢が多いと感じるのはWATANKOだけでしょうか。

(つづく)



« 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? | トップページ | (続)リスク許容度をはかる起点は元本なのか、時価なのか »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/61107834

この記事へのトラックバック一覧です: リスク許容度をはかる起点は投資元本なのか、時価なのか:

« 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? | トップページ | (続)リスク許容度をはかる起点は元本なのか、時価なのか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト