無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« スカイマークの破綻が銘柄選びに役立つのか | トップページ | 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? »

2015年2月 5日 (木)

ホンダNSX、ではなくてアキュラNSX発表

8182711

ホンダNSXの2代目モデルがデトロイトモーターショーにて発表されました。報道によると今回のNSXはホンダのアメリカ現法が中心となって開発されたとのこと。アメリカにおける高級スポーツカーマーケットの存在やホンダの高級車チャネル「アキュラ」におけるブランド戦略、一方で日本におけるスーパースポーツカーのごく限定的な市場規模を考えればさもありなんです。

ですからこの新型NSXについては日本でも「ホンダNSX」というよりも「アキュラNSX」と称した方がその成り立ちを正しく表しているでしょう。

詳しい画像や内容については以下をご参照ください。

【新型】ホンダNSX(ハイブリッド)の画像や最新情報!価格・発売日・燃費・スペック(馬力)、内装

今や日本車メーカーが生産するモデルのうち、主として海外市場向けに開発・販売され、日本市場はそのおこぼれにあずかるというケースが少なくありません。今回FMCしたNSXもそのひとつでありましょう。

写真をみるかぎりの感想ですが、いかにもアメリカモデルらしく抑揚が効いた、一言でわかりやすく表現すれば「大味でべローンとした」デザインです。昔の三菱GTOやエクリプスを想起させる印象です。またフロントエンドのディテールはややうるさく、洗練さは今ひとつでしょうか。実物を見たら印象が好転することを期待しています。

おもえばホンダのモデルでデザインが秀逸であったものとはごくごく限られます。初代NSXとてリトラクタブルのフェラーリ・フェイスでした。それにリアがとってつけたような長いトランクルーム。サイドビューのスリムさが素敵でしたが無国籍・無個性な当時の日本車にありがちなデザインでした。

先代(初代)NSX

280pxhonda_nsx_red1


翻って新型NSXですが、写真をみたかぎりのデザインでは食指が動きません。世の中には1000万円クラスのスーパーカー相当モデルがごろごろひしめいています。その中でこのデザインはどれだけ個性を放つことができるでしょうか。

例えば1000万円級のミッドシップスポーツの比較対象として、たとえばBMW i8をご覧ください。1枚の写真だけでこのデザインのモダン具合、未来を先取りした感が伝わってくるでしょう。i8と比べると新型NSXがエクステリア・デザインでは明確なアドバンテージを見つけることが難しいです。

2015bmwi8fd1

またアメ車なデザインでいけばシボレーコルベットの方がよっぽどらしいです。ロングノーズ・ショートデッキで抑揚の効いたわかりやすいカッコよさをもったデザインです。

55d07de31

新型NSXは、北米では2015年末に発売開始とアナウンスされています。日本ではそのあとの2016年に入ってからでしょうか。いざ販売となったときホンダは日本市場に対してどんなマーケティングを展開するのか興味深いです。かの地の趣向にあわせてつくられたモデルを、ありもしないあるいはごく小さなマーケットに対してどのようなマーケティングを展開するのか注目です。

ホンダにとってはNSX10台よりも、N-BOXを10万台売りたいというのが本音でありましょう。そのような中でホンダは軽自動車に比してどれくらい広告宣伝費予算をこの新型NSXにつけるのでしょうか。

一番高くつき、そして効果的と思われるのはF1マクラーレン・ホンダのドライバーであるフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンを起用したCMであることは間違いありません。(見てみたい。)

(あとがきにかえて)

新型NSXについて今回はエクステリア・デザインに絞った内容でしたが、実際に発売された折にはハードウェア考についても記事にしてみたいとおもいます。記事ではだいぶネガティブに書きましたが、印象が変わることを期待する一面もあります。


« スカイマークの破綻が銘柄選びに役立つのか | トップページ | 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? »

自動車」カテゴリの記事

コメント

ドイツ車信者=在日朝鮮人。知ってたw

会議ばっかりやってるからデザインがおかしくなるんでしょうね。
ホンダも大企業病です。

フィットハイブリッドのクレーム騒動もしかり。

エクリプス・・懐かしい。
確かリトラクタブル・ヘッドライトのもあった筈。

こんなのが200万代中間http://www.carsensor.net/catalog/mitsubishi/eclipse/F002/M001G002/
でお手軽の時代でした。

アキュラもTLをそれくらいで出せばいいのに
http://autoc-one.jp/honda/special-930649/
1ドル78円換算で、約278万円

VT(米国ETF)もまた、これくらい(70~80円)で買うかな・・。
馬鹿高い外車(最近は日本のも・・)に全く劣らない(と思っている)のは、我が愛車も同じです。
結局は関税(安いのが日本に入ってくると商売にならない)の問題か?

工員さん

実車に触れてきましたら、続報を書きたいと思います。ホンモノはもっとかっこいいといいですなあ。

預金王さん

円高の時を狙って米国製日本車を輸入するビジネスがもっと流行っても面白いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/61086546

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダNSX、ではなくてアキュラNSX発表:

« スカイマークの破綻が銘柄選びに役立つのか | トップページ | 生活防衛資金で守るのは家族の生活ですか?それとも投資の元本ですか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト