無料ブログはココログ

ブログランキング

« とにかく安いETFは性急に売却する必要もなし | トップページ | 日経マネー7月号-目を引いたのは「1億円の儲け方」よりも「サラリーマンの退職お金マニュアル」だった »

2015年5月25日 (月)

マツダ新型ロードスター試乗、一番語るべきは想像を超える鼻先の軽さです

【5月22日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

66,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

40,340千円

■損益率

61.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Photo

(これはパールホワイト。同色はトヨタのモデルでよくみかけますが、マツダのそれはトヨタよりもマイカが少なめでソリッドの白に近いです。)


マツダ・ロードスターがようやく正式発売となりました。早速メーカーのサイトで地元市内と隣市のディーラーに配置されている試乗車・展示者車をチェックすると、4カ所のディーラーで5つのボディーカラーの試乗車・展示車を用意しているとのこと。さすが待たせただけあってディーラーへの配車はバッチリです。

ちなみに3月末に発売となったS660については、近所のホンダ・ディーラーではいまだに展示車すら見かけません。購入を検討している知人が問い合わせると納車まで1年半待ちとのこと。ステップワゴンは増産しても、S660を増産する工場のラインスペースはないのでしょうか。このあたりに両社の意気込みのホンネの違いが垣間見えます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さてそのロードスターですが、自宅から一番近いディーラーに出向き、試乗して参りました。妻を隣にのせて15分程度の短時間なので、わかり得たことは限られましたが、十分でした。

まずわかった一番重要なポイントは「鼻先(フロント)が想像をはるかに超えてあまりにも軽く、それが車全体として相当軽快なフィーリングに仕上がっていること」です。どれくらいかというとフロントタイヤの接地感が無くなってしまうのではないかと思われるくらい軽いのです。

今度のロードスターは従来モデル同様、エンジンその他の重量物を極力車体の中心に配置することで、ヨー慣性モーメントを相当低減しています。(たとえば棒の両端に重りをつけて振り回すと重くてフラフラしますが、重りがなければ振り回すのが簡単になるでしょう。)

その結果、前輪軸から先には一切の重量物がついていないのではないかと思わせるくらい軽いです。エンジン単体の重さすら感じさせないくらいです。同様にリアも全く何の重しがついていないかのような感覚です。

これは単にパッケージ面だけでなく、今回のロードスターのスペックで1番重要で、かつ話題となった車両重量の軽減が影響していることでしょう。

また今回から採用になった電動パワーステアリングによる味付けも軽さを演出しているかもしれません。

WATANKOはかつてNA(初代)ロードスターのオーナーであり、手放した後も知り合いの中古車屋さんのおかげで何度かドライブしたことがあります。そのためNAの感覚はかなり体に染みついていますが、新型ロードスターは鼻先の軽いこと、エンジン単体の重さを感じないこと、さらにはハンドルもより軽いこと、それらが相まって車両の軽快感が、NAを超えているのではないかと思わせる仕上がりです。

さて短い試乗でわかったこと、語るべきほとんど重要なことは以上ですが、スポーツカーを標榜するモデルなので、動力性能についても少し触れておきましょう。

新型ロードスターのパワーはたった131馬力ですが十分にパワフルです。高速での全開加速を試したわけではありませんが、ロードスターに直線番長なスペックを求めること自体がお門違いでありましょう。

実際に街中で走ると他車に遅れをとるようなレスパワーではありません。この車を速く走らせることができない人は、逆に運転が平均よりもヘタと言われても仕方がないかもしれませんね。

なおこのほかにもリアの安定性やエンジンサウンドなど語るべきことがありますが、これは今後、時間がたっぷりありますので追ってまたの機会にしたいと思います。

なぜ時間がたっぷりあるかというと、

新型ロードスターを次期愛車とすべく、購入契約してしまったからです。happy01happy01happy01

« とにかく安いETFは性急に売却する必要もなし | トップページ | 日経マネー7月号-目を引いたのは「1億円の儲け方」よりも「サラリーマンの退職お金マニュアル」だった »

自動車」カテゴリの記事

コメント

おお! ロードスター購入おめでとうございます。レビュー記事楽しみです。

ジャム親父さん

コメントありがとうございます。

見栄でも、ブランドでも、イバリでもない。本当に自分が心から運転したいと思える車を選びました。

先を越されちゃいましたね(苦笑)。

RX-8の時も納車三ヶ月待ちだったので、今度はLIMITED EDITIONでも狙いますかね・・。
人気車は値引きのない代わりに、リーセルバリューもいい。
Sの特別仕様車が出てくる頃には、またいろいろと。。(300万は常にスタンバってます!)

預金王さん

Webでみかけると特別仕様車含め、いろいろな追加カラーが期待されています。私は待ちきれませんでしたが、RHTも要チェックでしょう。

私はというと急遽、今年後半の投資計画の見直しです。

こんにちは。はじめまして。
いつも投資の記事で勉強させて頂いてます。また、クルマの記事も大変楽しみにしています。
ND型ロードスター購入おめでとうございます! 羨ましいです。
私は、2002年式のRX-7を買ってもう13年になりますが、オープンが欲しい年頃になりました(笑) 納車後のインプレッション楽しみにしておきます!

るびさん

コメントありがとうございます。
いつも閲覧ありがとうございます。

新型ロードスター、これからも取り上げていきますのでよろしくお願いします。

【追伸】FDはもはや自動車の世界遺産です。大事にしてあげてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/61645654

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ新型ロードスター試乗、一番語るべきは想像を超える鼻先の軽さです:

« とにかく安いETFは性急に売却する必要もなし | トップページ | 日経マネー7月号-目を引いたのは「1億円の儲け方」よりも「サラリーマンの退職お金マニュアル」だった »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介