フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 夏草や、兵どもが駐車場の跡 | トップページ | 2015年7月末運用状況 »

2015年8月 4日 (火)

衰退する中心市街地の再生

A0002_011493

(中心市街地は再生できるか。)


先日の休日に越谷レイクタウンに初めて出かけました。よくあるイオンのショッピングモールを中心とした商業施設群なのですが、余所のそれと比べて越谷レイクタウンの規模はとても大きく全国No.1です。あまりに広くて歩きまわるに疲れてしまい、途中から妻と別れてスタバで携帯ワープロのPOMERAを取り出して駄ブログ記事を作成するWATANKO...。

参照記事
NEVERまとめ
日本の巨大ショッピングセンター ベスト10


レイクタウンに限らずその他のイオン系のショッピングモールや三井系アウトレットなど郊外に展開する大規模な商業施設はその周辺の街並み、人の流れと物流を大きく変えていきます。

しかしながら日本の人口が10年前の2005年頃から減少ステージに入り、消費需要の総量が増えない現実のもとに一方で衰退していくものもあります。そのひとつが中心市街地であります。

著名なブログ記事でその様子を拝見しました。

参照記事
ももねいろ
家を買うなら都市部ではなく郊外である理由。現地を見て驚愕!地方の中心部で起きている悲しい現象


古くからある中心市街地の商店街は狭い街路、駐車場不足など交通の不便さ、個店の競争力の劣後などによって、だんだんと買い物には不便なエリアと変容しています。

一方で整地されアクセスしやすい郊外のロードサイドには大型商業施設や専門店が出店し、顧客にワンストップショッピングサービスを提供していきます。地方は公共交通機関の整備な不十分なところが多く、車社会となっている実態もこれにマッチしています。

中心市街地の商店街はやがて核となる商業施設が撤退して集客力を失っていきます。地元では商店街の振興を図るため色々な手段を試みますが、それぞれ事情を抱えた各商業者たちの足並みはなかなか揃いません。

また道路の拡幅や駐車場の確保などハードウェアの整備についても、多くの地権者が絡む中、なかなか進みません。

さらに商店街を構成する個店の中には資金力や後継者が不足するところもでてきて事業継続が困難になり廃業となり、ますます商店街は廃れていきます。

このような中心市街地の衰退はなにもここ数年に始まった話ではなく、もう20年以上前から起きていることでした。

そこで15年以上前の1998年に中心市街地活性化法をはじめとするまちづくり三法が制定され、中心市街地の衰退に抗う動きもみられました。

しかしながらここ数年内に立ちあがった冒頭の越谷レイクタウンのほか、幕張新都心のイオンモールなど、そのあまりの大規模で顧客の需要をすべて満たして過ごしてしまうような大型商業施設を目の当たりにすると、古くからある中心市街地の衰退はもう決定的ではないかと思えてきます。

(いや、2015年の今になってこんなことを言っているようでは、認識が大分遅れていると言われるかもしれませんね。)

WATANKOはかつて15年前に中小企業診断士の資格を取得し、著名な先輩診断士のもとで個店、ひいては商店街の再生事業に関わったことがあります。

しかしながら個店・商店街が商業のコンサルをうけるほどの資金はなく、所詮自治体の地元振興予算の枠内での動きにすぎませんでした。また個店・商店街の側にもエゴがみられたり、企業経営の才覚に欠けるところもあったり等となかなか地域の活性化が進みませんでした。

結局、WATANKOは数年間活動の後、勤務先での海外赴任を機にこれらの活動からひいてしまったのですが、個店・商店街ひいては中心市街地の未来に明るさを見いだせなかった限界がその背景にはありました。

あれから10年あまりが過ぎて、中心市街地の衰退のトレンドは変わっていません。

国や自治体は相変わらず中心市街地の商業者に対して資金、人材、ノウハウなど色々な助成策を講じていますが焼け石に水です。国からの支援をうけたとはいえ地元の衣料店が果たしてユニクロに勝てるでしょうか。

中心市街地が再生するためには、大規模な区画整理による街の再編が必要でしょう。よくあるケースとして田畑や山林をもつ複数の地権者が集まって土地の造成と区画整地を行い、商業事業者に用地の一部を譲渡するなどして、その造成費用を回収するとともに、各地権者は元の所有地の代わりに区画整理された代替地を割り当て取得するというものです。整地された土地を自分で利用しても良いし、賃貸や売却もアリです。

これを中心市街地においても大規模に進めるというやり方です。中心市街地は郊外に比べれば相対的に地価も高く、地権者の合意形成も難しいかもしれませんが、これをガンガン進めないと本当の再生はおぼかないでしょう。

最後に国が提示する土地区画整理事業を紹介しておきます。

参照記事
国土交通省 都市局 市街地整備課
土地区画整理事業とは

« 夏草や、兵どもが駐車場の跡 | トップページ | 2015年7月末運用状況 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

30年先はどうなっているでしょう、良くなっていたらいいのですが、そう考えにくいですね。区画整理しかなさそうですね。

たんたんさん

コメントありがとうございます。

シャッター商店街に拍車がかかってみるも無残になっているかもしれません。そういったところは大規模開発を行い、高い地価でもペイするように高層住居を立てて駅利用者を取り込むしかないでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/62014729

この記事へのトラックバック一覧です: 衰退する中心市街地の再生:

« 夏草や、兵どもが駐車場の跡 | トップページ | 2015年7月末運用状況 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト