無料ブログはココログ

ブログランキング

« 【重要:お詫びと追記】お父さん、その資産運用は三井住友信託銀行ではなく、息子の僕に一任してくれませんか【は法令違反にご注意】 | トップページ | 1306&1308の収益分配金が入金 2015 »

2015年8月19日 (水)

【重要:お詫びと追記】(続)お父さん、その資産運用は三井住友信託銀行ではなく、息子の僕に一任してくれませんか【は法令違反にご注意】

A0050_000138

(お父さんは金融機関のカモになっているカモしれません。)

【2015/8/19追記】
個人が(親族を含めた)他人名義の金融関連の取引を代行することは法令違反である旨が他の投資ブログ記事にて紹介されておりました。

参照記事
おやじダンサーのひとりごと
個人の資産運用代行はルール違反です

公のブログで記事執筆する立場のWATANKOとしては、上記記事の内容に異はありません。本記事ではラップ口座を揶揄する意図であえて同じ「一任」という言葉を記事中で用いてしまいましたが、その名の通りの行動をとれば法令に抵触すると受け止められるかもしれません。

本記事における本意は家族の会話レベルでの助言やアドバイス、はたまた金融機関との対話への同行など大小、有形無形の親に対するサポートであります。ただこれとて形式や程度によっては法令に抵触するかもしれませんので、皆様におかれましてはゆくゆく慎重に行動されんことをお願いします。

また公に開示されるブログ記事において、今回のような誤解を招く表現を用いてしまったことについて、ご来訪いただきました方々にお詫び申しあげます。

なお本記事は不適切なブログ記事例としての反省と自戒を込めて、そのままにしておきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


(前回からの続きです。)

前回、ラップ口座の勧誘に晒されているご両親に対して、金融機関に高い手数料を支払って資産運用を丸投げ委託するくらいなら、実の息子/娘に運用を一任してもらうことを提案してはどうかという記事を書きました。

しかしこのような提案が心情的に見ると実際には難しい一面があるという事情もわかります。

ご両親は、時たま帰ってきて生意気な口をきく自分の息子/娘よりも、スーツを着て礼儀正しく、うやうやしく応対してくれる金融機関の担当者の言うことに耳を傾けがちであります。

またともすれば息子/娘が自分の懐具合ばかりを気にしているととらえ、不快に思うかもしれません。息子/娘にとってはご両親にそう思われてしまうことはつらいでしょう。

ただそこであきらめてはいけません。自分に一任してくれなくとも、世の中にはもっとラップ口座よりもコストがはるかに安くて、遜色ない商品がゴロゴロあることを併せてアピールして、そちらへも関心をもってもらうよう仕向けるべきです。

重要なことはたまたま取引がある金融機関が勧める商品だけでなく、世の中には他に比較すべき選択肢がいろいろあるということをわかってもらうことです。

たとえばラップ口座にぶつける対案として、お勧め商品のひとつは現在衆目を集めている以下でしょう。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

信託報酬0.34%(税抜)は、ラップ口座でかかるトータルコストのおよそ10分の1です。

「お父さん、ラップ口座だと10倍もの手数料がかかるのですよ。10倍ですよ。10倍。(←ここ強調しましょう。)」

もちろんながらこの他にもセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド、世界経済インデックスファンド、eMAXISバランス(8資産均等型)などでも良いでしょう。

またひとつの決着ケースとしては、こうしたリスク資産の運用は一時保留して、とりあえず保有する現預金で国債を買っておくという手もあります。

これならご両親にとっても何か金融商品を買ってひとまずの対策をとって満足してもらえるかもしれません。

【2015/8/19追記】
冒頭にも触れましたが、親側が受け入れるか否かはさておき、このような行動を露骨に行うことは法令に抵触するおそれがありますので、ご注意願います。

夏休み、貴方は普段会えないご両親との対話はお済でしょうか。なにもお金の話だけでなく、昔話に花をさかせるのもよいし、どこかに出かけて親孝行するのも良いです。

どうかご両親に残された健康寿命の有限をかみしめて、残りの夏を過ごされんことを切に願います。

(追記:あとがきにかえて)

前々回、前回と法令に抵触しかねないアドバイス記事を書いてしまい反省しきりのWATANKOであります。

今回記事は、WATANKOが父の晩年時に父との間でWATANKO家の将来について話し合いをもてた体験がバックグラウンドにあります。

WATANKOは父との間で実家の資産管理を徐々に引き継ぎながら、時には父に代わって不動産賃貸の様々なトラブルに対処してきました。その中で父と多くのことを話し合い、お互いの考えを交わしあいました。

もちろん親子で反発しあうことも多々ありましたし、対話すべきテーマについても、すべてができたわけではありません。しかしながら父との晩年の対話で、親子としていろいろとシンクロできたことはWATANKOにとって幸せでありました。そしてそれは親子2世代の資産運用にとっても欠くべからざるイベントでありました。

みなさんもご両親との対話は少しでも多く、充実なるものにされんことを祈念いたします。

« 【重要:お詫びと追記】お父さん、その資産運用は三井住友信託銀行ではなく、息子の僕に一任してくれませんか【は法令違反にご注意】 | トップページ | 1306&1308の収益分配金が入金 2015 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね!
親の名義のものは元より、私名義の親資産ですら一切権限委譲はないのです(●●億あるかはわかりませんが・・)。
私のになった瞬間、全力で個人国債10に移行させます(銀行も破綻する可能性があるので、例えメガバンクであったとしても)。

株式投資金額など、不動産に比べれば豆粒・・ということです(法人名義なら相続税もありません・・)

預金王さん

コメントありがとうございます。

国債でも低廉なバランスファンドでも推奨して、とにかくボッタクリ金融商品にカモられないよう、法律の許す範囲内で親の資産運用をサポートしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/62114858

この記事へのトラックバック一覧です: 【重要:お詫びと追記】(続)お父さん、その資産運用は三井住友信託銀行ではなく、息子の僕に一任してくれませんか【は法令違反にご注意】:

« 【重要:お詫びと追記】お父さん、その資産運用は三井住友信託銀行ではなく、息子の僕に一任してくれませんか【は法令違反にご注意】 | トップページ | 1306&1308の収益分配金が入金 2015 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介