無料ブログはココログ

ブログランキング

« 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」がいよいよ始動しました | トップページ | iシェアーズの逆襲-信託報酬が低いのはDC向け投信だけではありません »

2015年9月28日 (月)

2015年9月の積み立て購入商品

先月下旬の世界同時株安から1ヶ月がたちました。内外の株式アセットは下落したあとしばらく一定のレンジ内でジリジリと上下動を繰り返しています。

少し安値買いの機会と言えば言えなくもないのですが、WATANKOは7月にマツダ・ロードスターを買ってしまい、さらに加えて春・夏の家族旅行の結果、旅行代金合計で約600千円も散財してしまいました。これらの結果、今年の積み立て投資資金はほぼ枯渇してしまいました。あとはNISA分くらいしか残っていません。

さてそのNISAですがこれまで野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i)を選んで毎月積み立て投資を継続してきましたが、今後は三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(信託報酬0.25%<税抜き>)(以下、三井住友・全海外株式)がSBI証券で取り扱い開始となった暁には、これに積み立て投資先を切り替える予定です。

なにせWATANKOが保有する投信残高は10百万円超なので、SBIポイントの還元率は0.2%です。その結果、三井住友・全海外株式は極めてローコストで運用できることになります。

あまりのローコストなのでひょっとしたらポイント付与対象外になる可能性もありますが、ともかくも面倒くさがりなWATANKOは楽天証券に新規口座を開設してまで買おうとは思いません。

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201509302

さらに9月の仕入れの結果、8月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201509303

*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2015年の分のみの表記としています。

冒頭、家族旅行で散財したといいつつも、家族との代え難い楽しいひとときを過ごせたので十分満足です。その分は更なるローコスト投信を選んで節約しなければなりません。

WATANKOのポートフォリオでは年間およそ400千円の信託報酬を支払っております。これをもっと浮かせて次回の娯楽費を捻出しなければなりません。そのためにもさらにローコストな投信の登場が待たれます。

関連記事
自分の資産運用のコストを「みえる化」してみる

« 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」がいよいよ始動しました | トップページ | iシェアーズの逆襲-信託報酬が低いのはDC向け投信だけではありません »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/62373391

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年9月の積み立て購入商品:

« 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」がいよいよ始動しました | トップページ | iシェアーズの逆襲-信託報酬が低いのはDC向け投信だけではありません »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介