無料ブログはココログ

ブログランキング

« BNDからの2016年8月分分配金+今月の債券雑感 | トップページ | 2016年8月の積み立て購入商品 »

2016年8月14日 (日)

投資とは、待つことなりと見つけたり

Clock1527690_960_7201

(待つことすらもできないなら、投資はあきらめましょう)

インデックス投資ブロガーにとって、いわゆるひとつのブログネタ元になりつつある(WATANKOだけ?)日経電子版のNIKKEI STYLEマネー研究所ですが、先日も興味深い記事を拝見しました。

関連記事
日経電子版NIKKEI STYLE マネー研究所
行列のできる投信相談所
2年積み立てた投信、成績振るわず 一時撤退すべき?

記事によると、老後の生活資金のために投資信託を用いた分散投資を行っている個人投資家が、先行きの不安を感じて保有商品の売却や積み立ての中止を迷っている様子。それに対して専門家がアドバイスしています。

ここでとりあげたような個人投資家が、実はマジョリティなのでしょうか。

書籍やWeb記事を読んで、自分のリスク許容量を推し量ったうえで、分散投資を行う。でも保有商品の基準価額がジリジリと下がったり、伸び悩んだりしている様子をみて1年かそこらで不安に駆られて売却する。(そして、その後の相場上昇期に乗り遅れて後悔する。)

個人投資家の多くがそのようなメンタリティであるならば、ひとつ問いかけをしてみたいです。

あなたが勤務先で上司から新規事業を任せられた場合、その成果を出すのにどれくらいの時間を要しますか。上記に対して事業の黒字化の達成時期をコミットするのは何年後ですか。

そこでもしも上司から「1年、いや半年くらいで結果を出してほしい。」といわれたらどうでしょうか。

新規事業を実現するとなれば、企画からマーケティングにはじまり、商品・サービスのデザイン、各リソースの調達やロジスティックス、プロモーションなどビジネスとしての一連の仕立ては勿論のこと、消費財であれば季節変動や景況、生産財であれば顧客の年間予算サイクルなど時系列な制約もあります。

そのような実態を前にして、「1年以内で結果を出してほしい。」といわれても、とてつもない勝算でもないかぎり安易に請け負うことなどないでしょう。

その新規事業に対して、勤務先がそれなりの資金と人材、技術、ノウハウを「投資」したとしても1年かそこいらといった時間軸で結果を期待することが現実的といえるでしょうか。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

冒頭の記事でとりあげられた個人投資家が表しているメンタリティは、一見してよくみられる類かもしれませんが、実は上述の例え話の上司と同じ要求をしていることに等しいです。

自分に対して勤務先が投資を行ってもらい、それでもってビジネスを丸ごと請け負い、一定の成果を出すまでには時間がかかります。それを今度はひっくり返して個人投資家としての立場で投資先に当てはめて考えてみてください。

投資というものが成果を生み出すには時間がかかるのに対して、記事にあるようなタイプの個人投資家は、その成果を急いてはいませんでしょうか。

事業が着実に成果を出し続けて、毎期増収増益を実現させるためにはしっかりとした事業基盤を整える必要があります。

流行にあわせて何がしかの商材をガバッと仕入れて売りさばく。そんな事業者には付加価値は乏しく、資本力や販路に長けた他者にあっという間に追い抜かれるでしょう。

投資されたリソースを使ってじっくりと付加価値を築き上げ、それを強みにして長期に渡って安定した収益と成長を達成させる。

個人投資家はそういった投資先を選び、そして成果がでるまで腰を据えて待つ必要があります。

★★★「投資」とは、「待つこと」と同義ともいえるくらい忍耐と我慢と辛抱が必要です。

証券投資であればリスクに耐え、一時的な含み損に我慢し、撤退せずに辛抱する。

こういったメンタリティの維持は大変という方もいるかもしれませんが、実際に事業に取り組み収益を上げようとしている当事者達に比べれば、楽なものです。待つだけなのですから。

「投資とは待つことなり。」 このシンプルな答えをいち個人投資家から贈りたいです。

なお、もしもそんな悠長には待てないという方であれば、美人投票、一時的な歪み、ゼロサムで構成された市場という名の賭場に、どうぞ大事な資金を貼り付けてみてください。

そのように賭場に持ち込まれた資金は、証券投資のプロ達の手にかかり、あっという間に当人の手元から霧散していくことでしょう。

(あとがきにかえて)

そういえば、この過去に同じような記事を書いていました。

関連記事

投資のリターンがでるには時間がかかる【Refrain 2015】(2015/11/8)

進歩がないですが、万年素人個人投資家のささやかなる言葉として、この盆栽のような小さなブログの中で、繰り返し唱えさせていただくことにしましょう。

« BNDからの2016年8月分分配金+今月の債券雑感 | トップページ | 2016年8月の積み立て購入商品 »

資産運用」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
「待つ」というのは簡単なようでとても難しいですよね。
自分もダメな投資家の典型ですが、もう少し忍耐強くやっていきたいです。。。

ナオキさん

コメントありがとうございます。

投資を仕事におけるキャリアアップ、育児や天引き貯金と同様の長い時間軸で成しととげるものだと捉えることが必要だと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/64060259

この記事へのトラックバック一覧です: 投資とは、待つことなりと見つけたり:

« BNDからの2016年8月分分配金+今月の債券雑感 | トップページ | 2016年8月の積み立て購入商品 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介