無料ブログはココログ

ブログランキング

« 日本株式アセットクラスの積み立てはニッセイ日経225インデックスファンド@SBI証券を継続します | トップページ | 2016年9月末運用状況 »

2016年9月25日 (日)

2016年9月の積み立て購入商品

【9月21日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

68,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

25,031千円

■損益率

36.8%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前回記事にも書きましたが、今年も夏場を迎えてインデックス投信の新規設定がいくつかみられました。そればかりではなく、今年はスマート・ベータ型指数に連動するインデックス投信や信託報酬が従来より低めなアクティブ投信なども発売されており、とてもバラエティある様相です。

これら新規商品群は後発だけあって、従来からあるライバル商品にはない利点を備えていることがありますが、それではたちまちのうちにライバル商品に流れ込んでいた投資資金が新規商品にごそっと流れ込むかというと話はそんなに簡単ではありません。

個人投資家は、新商品について売り手側が提供する商品情報だけでなく、第三者の様々なレビューをWebで確認して、従来の購入商品からスイッチするに足るか否かよく考えることでしょう。しかも新商品についてそのメリットを認めたとしても、保有商品が増える事自体や、保有商品を買い替えする場合の税金前払いを避けたがる気持ちが湧いてくるかもしれません。

素直に新商品を買い付けられない。この駄ブログに来訪される方々の中にはそんなタイプの個人投資家はいらしゃいませんか?

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201609302

さらに9月の仕入れの結果、8月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201609303

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。


さて先月の当記事では「ニッセイやSMTやeMAXISは最近、目立った動きが見られないです。もうコスト革命は終了ですか。」と述べたところ、SMTから配当貴族という新商品が設定されました。そして今般、eMAXISシリーズでは信託報酬についての動きがあったようです。さてこいつを次回取り上げてみましょう。

妻ミサト「またまた他の著名ブログで取り上げられたメジャーな話題を半周遅れでPICK UPしているの?」

WATANKO「いやー、ワタクシなりに考えたことを申し上げたく候」

妻ミサト「それともアクセス稼ぎ?しょうがないわね。私が昼間、パートから帰ってきたら、自宅のPCからこの駄ブログにアクセスしてF5キー連打しておいてあげるわよ。」

WATANKO「ありがとうございます。・・・でもそんなことやってもらっても全く嬉しくないんですけど。」

妻ミサト「!!!」

« 日本株式アセットクラスの積み立てはニッセイ日経225インデックスファンド@SBI証券を継続します | トップページ | 2016年9月末運用状況 »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/64251172

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月の積み立て購入商品:

« 日本株式アセットクラスの積み立てはニッセイ日経225インデックスファンド@SBI証券を継続します | トップページ | 2016年9月末運用状況 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介