無料ブログはココログ

ブログランキング

« 損害保険が満期を迎える-30年間も同じ商品に積み立て投資 | トップページ | ニッセイ、信託報酬最安値の座 2016 »

2016年10月20日 (木)

2016年10月の積み立て購入商品-積み立て商品をあらためて紹介

さて今月も積み立て投資記事をUPしますが、7年目となるこの駄ブログに今日も新たにご来訪いただいた方もいるやもしれません。

そこでWATANKOが現在積み立て購入している商品について簡単に紹介致します。

■日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信を毎月積み立て購入

インデックス投資家には、自身のポートフォリオのメインには株式アセットを据えている、そしてその中でも更に先進国株式のウェイトが多いという方がたくさんいることでしょう。

WATANKOもそんな一人であり、現在のポートフォリオ、そして毎月の積み立て購入している投信の中では先進国株式が一番多く、次いで新興国株式、日本株式が同じくらいのシェアを持っています。

さてその積み立て商品ですが、現在の対象は次のとおりです。いずれもSBI証券で購入しています。

■日本株式は『ニッセイ日経225インデックスファンド』

DC(確定拠出年金)向け投信の一般販売の先駆者として2010年に発売されたこの商品。長らく日経225、TOPIX通して日本株式インデックス投信の中で信託報酬最安値のチャンピオンでした。

しかしながら2年前から信託報酬が更に安い競合商品(たわらノーロード、iFreeシリーズなど)が発売されてコスト的には劣後してきています。

一方でこうした競合商品はSBI証券では軒並み投信マイレージの対象外となっているのに対して、老舗だからなのかニッセイ日経225インデックスファンドはいまだマイレージが適用されており、これを加味すれば相当お得であります。

関連記事
日本株式アセットクラスの積み立てはニッセイ日経225インデックスファンド@SBI証券を継続します(2016/9/24)

■先進国株式は『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』

先進国株式は常に信託報酬の最安値のリード役となっている<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドです。

最近では先進国株式インデックス投信の中で資金流入額は2位以下を大きく引き離してぶっちぎりであります。このままですと純資産において先輩格のSMTやeMAXISを追い抜くのも時間の問題かと思われます。

一方で現時点では信託報酬の最安値の座をiFreeに奪われていますが、新聞記事情報によると、ニッセイアセットマネジメントはこの投信を含めた一連の<購入・換金手数料>シリーズの信託報酬を更に引き下げてくる模様です。

信託報酬がもっと安い新商品がでたからといって慌てて乗り換えることなく、ニッセイの動きをよく見てから判断しても遅くはない、と思わせるほど、ニッセイアセットマネジメントは競合商品とのコスト競争を意識した動きをこれまでみせてきました。今後も期待しています。

当然ながらWATANKOもしばらく様子見であり、当面は先進国株式の購入商品をこの投信から乗り換えることはしません。

関連記事
先進国株式インデックスファンドのシェア2016(2016/7/23)

ニッセイ、信託報酬最安値の座 2015(2015/11/14)

■新興国株式は「野村インデックスファンド新興国株式(Funds-i)」

低コストの商品選びでは信託報酬が重要ですが、それだけでなく信託報酬+その他コストの実質コストも無視できません。とくに新興国アセットクラスはその他コストが少なくないケースが散見され、信託報酬が最安値だからといって実質コストもまた再安値とは限りませんし、往々にして異なる場合も見かけます。

そこで他の著名インデックス投資ブログ記事を拝見して実質コストを把握し、それがほぼ一番安いこの投信を選んでいます。

信託報酬だけみるとたわらノーロードが最安値なのですが、実質コストはどうか。はたまた競合商品が信託報酬引き下げに動いてくるかという関心もありますので、この投信の積み立て購入を続けながら、もうしばらく様子を見ていきます。


■さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201610312

さらに10月の仕入れの結果、9月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201610313

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

« 損害保険が満期を迎える-30年間も同じ商品に積み立て投資 | トップページ | ニッセイ、信託報酬最安値の座 2016 »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/64376590

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月の積み立て購入商品-積み立て商品をあらためて紹介:

« 損害保険が満期を迎える-30年間も同じ商品に積み立て投資 | トップページ | ニッセイ、信託報酬最安値の座 2016 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介