無料ブログはココログ

ブログランキング

« 積立NISA、やっぱり20年に。金融庁グッジョブ | トップページ | ジェンソン・バトン、ニコ・ロズベルク、F1チャンピオン・ドライバー2人の印象的な引退 »

2016年12月 9日 (金)

2016年11月末運用状況

11月は米国大統領選でトランプ氏が選出されたことに伴う株高・円安,、いわゆる”トランプ・ラリー”で盛り上がりました。日経平均は久しぶりに2万円をうかがえるところまで上昇しています。円も1ドル110円をかるく突破して113~114円まで下落しました。

こうなってくると積み立て投資を行ってきた個人投資家の資産運用成果は、年初来最高益となるケースが散見され、個人投資家ブログ界隈では「売り」をテーマとした記事がそこかしこでみられました。

相場がある程度動いた時、保有商品を「売りたくなる心理」または「買いたくなる心理」がムクムクと頭をもたげてきます。そんな時、個人投資家は普段から定めておいた保有商品の売買ルールに則り、刹那的な感情に流されない投資行動をとりたいものです。

ちなみにですが、WATANKOの「売り」のルールは「資金が必要になったとき」、それと「資産運用自体を終了するとき」と定めています。簡単至極であります。

ということでインデックス投資を初めて8年9ヶ月、105ヶ月が経ちました。2016年11月末の運用状況です。

(Notes)
◆商品名は略称です。
◆アセット毎に、購入順に並んでいます。
◆表中の金額単位は千円です。
◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。
◆海外ETFの円換算レートは113.90円/ドルです。
◆NISA枠にて購入した商品も含みます。
◆投資待機資金には以下が含まれます。
①購入元本:インデックスファンドの売却により回収した元本、年度ごとに新たに投資に廻す資金
②評価額及び評価損益:インデックスファンドの売却により確定した損益結果及び税還付額等。

表中の投資待機資金における①購入元本と②評価損益の差額については、過去に保有商品を売却した際の税引き後の売却益、SBIポイントの還元分、SBI証券のキャンペーン現金還元分等が含まれています。


◆評価記号の内容は以下です。
◎:+25.0%~
○:+15.0%~+25.0%
△:+15.0%~+ 5.0%
▲:+5.0%~ ▲5.0%
×:▲5.5%~

201611304

売却済みファンドの履歴は以下のとおりです。

201611305

続いてバランスファンドに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。

201611306

さらに「わたしのインデックス(my INDEX)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに過去平均リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●過去平均リターン
4.8%(4.8%)

●リスク
13.6%(13.4%)

●シャープレシオ
0.35(0.35)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●購入元本+投資待機預金元本分
68,000千円(68,000千円)

●評価損益+確定損益分
32,595千円(27,134千円)

●運用期間
105ヶ月(104ヶ月)

●元本平均残高
47,416千円(47,213千円)

●平均年間利回り
7.9%(6.6%)

<概況>

冒頭の内容に沿えば、WATANKOの今年の資産運用成果はここにきて、最高益に達しました。資産運用総額は2015年12月末以来、11ヶ月ぶりに1億円へ復帰です。

12月中には今年の余裕資金総額を証券口座に投入する予定ですので、その分も加味すれば来年は多少の基準価額の下落があったとしても大台を割ることは少ないかもしれません。

皆さんの今年の資産運用はいかがでしたでしょうか。このあと年末に向けて今の相場と為替の水準が続けば、懐がなかなかに暖かい正月を迎えられそうですね。

WATANKOの2016年の資産運用については、月中に振り返り記事をUPする予定です。

« 積立NISA、やっぱり20年に。金融庁グッジョブ | トップページ | ジェンソン・バトン、ニコ・ロズベルク、F1チャンピオン・ドライバー2人の印象的な引退 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/64600264

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月末運用状況:

« 積立NISA、やっぱり20年に。金融庁グッジョブ | トップページ | ジェンソン・バトン、ニコ・ロズベルク、F1チャンピオン・ドライバー2人の印象的な引退 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介