無料ブログはココログ

ブログランキング

« Intermission-個人投資家WATANKOのプロフィール更新 | トップページ | 2016年の振り返り(2)不動産投資 »

2016年12月20日 (火)

2016年の振り返り(1)インデックス投資

2016年も残すところあと11日。

WATANKOの今年の忘年会は、残りあと勤務先関連2件と地元友人による計3件です。
あ、妻ミサトの大学時代の友人が毎年集まって開くクリスマスパーティに夫婦で参加しているので、これも含めると4件です。

さて駄ブログでは今年もインデックス投資、不動産投資、家計その他などについて書いてきましたが、ここで2016年を振り返ってみたいと思います。

先ず今回は駄ブログのメインテーマであるインデックス投資についてです。

今年1年間でリスク金融商品をどれだけ積み立て投資したのか。投資したアセットクラス、商品、年間投資額は次のとおりであります。

●日本株式
日経225インデックスe 700千円
ニッセイ日経225インデックスファンド 600千円

●先進国株式
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 2,700千円

●新興国株式
野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i)1,200千円(NISA口座)

日本株式は途中で積み立て商品を切り替えました。3つのアセット、4商品で合計5,200千円を投資しました。うちNISA分は1,200千円、年間枠全額です。

次に2015年12月末から2016年11月末までの直近1年間の評価額、評価損益率の推移です。(ともに投資待機預金、確定損益、税還付等を含む。金額単位:千円。以下表同じ。)

201612201

2010月3月末(当ブログ開始時)から2016年11月末までの購入元本と評価額、評価損益率の推移です。

201612202

201612203

前年の2015年は年初から上がって年末に下がるという凸な展開であったのに対して、2016年は年央にかけて評価損益が落ち込みましたが、トランプラリーのおかげで年末に向けて見事に復活。1年前と同じ水準まで戻すという凹な展開でした。

結局のところ2年前と現在とを比べると運用資産総額は変わらず、ということです。

ただしこの2年間でリスク資産に投じた元本は8,200千円(2015年3,000千円+2016年5,200千円)と確実に増えました。運用資産のリスクは2年前に比べて確実に高まっています。

なお購入元本と評価額について、WATANKOがインデックス投資を開始した2008年3月末まで遡及した推移は以下のとおりです。ブログ開始以前は評価損益の資料が散逸しておりまとまっておりません。購入元本の積み上がりだけでも参考まで。

201612204

最後に翻って12月の足元ですが、1年前とは逆に相場上昇と円安が続いています。さて来年はどんなリスクがまっているのか。今年と同様に凹な展開となるならば、積み立て投資の金額を少し増やすかなとも計画しています。

« Intermission-個人投資家WATANKOのプロフィール更新 | トップページ | 2016年の振り返り(2)不動産投資 »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/64647427

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の振り返り(1)インデックス投資:

« Intermission-個人投資家WATANKOのプロフィール更新 | トップページ | 2016年の振り返り(2)不動産投資 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介