無料ブログはココログ

ブログランキング

« (続)初チャリン!-VTIからの2017年3Q分配金 | トップページ | つみたてNISAの対象商品が公表-リストには信託報酬を併記してください »

2017年10月 3日 (火)

2017年9月末運用状況

9月末時点の運用状況です。好調な相場と円安が持続していることをうけて、9月末の運用残高は過去最高を更新しました。積み立て投資、バイ&ホールドを継続している個人投資家の多くは同様の結果ではないでしょうか。

ちなみに上のセリフ、今年にはいってからほぼ毎月言っています。どれだけ相場好調が続くのでしょうか。

そういえば近々衆議院選挙が予定されています。思い起こせば5年前の選挙で政権が自民党に戻り、そこからアベノミクスがスタートしました。金融政策によって株式相場は上昇し、証券投資を行った者はその恩恵をうけています。今度の選挙の結果はどうなるのか。コイケミクス?

ということでインデックス投資を初めて9年7ヶ月、115ヶ月が経ちました。2017年8月末の運用状況です。

(Notes)
◆商品名は略称です。
◆アセット毎に、購入順に並んでいます。
◆表中の金額単位は千円です。
◆ETFはこれまでの分配金込みの実績です。
◆海外ETFの円換算レートは112.71円/ドルです。
◆NISA枠にて購入した商品も含みます。
◆投資待機資金には以下が含まれます。
①購入元本:インデックスファンドの売却により回収した元本、年度ごとに新たに投資に廻す資金
②評価額及び評価損益:インデックスファンドの売却により確定した損益結果及び税還付額等。

表中の投資待機資金における①購入元本と②評価損益の差額については、過去に保有商品を売却した際の税引き後の売却益、SBIポイントの還元分、SBI証券のキャンペーン現金還元分等が含まれています。

◆評価記号の内容は以下です。
◎:+25.0%~
○:+15.0%~+25.0%
△:+15.0%~+ 5.0%
▲:+5.0%~ ▲5.0%
×:▲5.5%~

201709304

続いてバランスファンドに関して、その構成するアセット別に評価額を切り分け、個別アセットの投信、ETFとあわせたポートフォリオは以下のとおりです。

201709305

さらに「わたしのインデックス(my INDEX)」サイトを使って、当月末ポートフォリオをもとに過去平均リターン、リスク、シャープレシオを算定した結果は次のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●過去平均リターン
5.1%(4.8%)

●リスク
13.6%(13.5%)

●シャープレシオ
0.37(0.36)

それと利回り実績は以下のとおりです。(カッコ内は先月数値)

●購入元本+投資待機預金元本分
129,000千円(129,000千円)

●評価損益+確定損益分
46,497千円(41,892千円)

●運用期間
115ヶ月(114ヶ月)

●元本平均残高
51,732千円(51,054千円)

●平均年間利回り
9.4%(8.6%)

<概況>

8月からVTIのバイ&ホールドをスタートさせたのですが、これは妻の口座による投資分なので、運用成績を集計するときにWATANKO名義分と合わせるためちょっと煩雑になりました。

そうなると、またぞろ保有商品の整理整頓がしたくなってきます。たとえば日経225インデックスe(残高901千円)あたりを売却したくなってきます。

ああ、資金需要もないのに余計なことを考えがちになってきますので、この辺りでやめておきます。

« (続)初チャリン!-VTIからの2017年3Q分配金 | トップページ | つみたてNISAの対象商品が公表-リストには信託報酬を併記してください »

運用状況」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/65866606

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年9月末運用状況:

« (続)初チャリン!-VTIからの2017年3Q分配金 | トップページ | つみたてNISAの対象商品が公表-リストには信託報酬を併記してください »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介