フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

« 2018年8月の積み立て購入商品 | トップページ | 大比較!コスパで選べ、スーパーカー(その1)32台を選出 »

2018年8月13日 (月)

お盆の日くらい、亡くなった父母に会って話してみたい

A0960_008685

(父母との会話が懐かしくなるお盆)

田舎では8月13日から15日はお盆シーズンです。帰省ラッシュ、高校野球、戦争記録のDVDの宣伝、そしておじいさん、おばあさんが孫たちとショッピングモールやレストランで楽しそうに過ごす様…。どれもお盆のキービジュアルです。

WATANKOもお盆の直前に自宅の隣にある実家(WATANKOの生家)を年1回の大掃除を行います。そのあと仏壇に簡単ながら飾りつけを行います。

以前、父がいた頃は父の弟や妹たちが子ども、つまりはWATANKOの従兄弟をつれてお墓参りに来て、その後にこの実家で集まって宴会をやっていました。

1人っこであったWATANKOにとって、集まった従兄弟たちと遊ぶこのひと時がとても嬉しくて、毎年楽しみにしていたものです。(40年後にはまた集まって大酒飲んでいるのですが。)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

父が亡くなって13回忌、母が亡くなって6年がそれぞれすぎましたが、この間には実にいろいろなことがありました。

人気漫画ドラゴンボールには、亡くなった人を一日だけ現世に呼び戻すというエピソードがありますが、それにならって亡くなった父母と一日だけ会えるとしたら、何を伝えようか、どんな会話をしようか。

●父母の遺品はまだかなり整理し切れずに残っている。父の日記や母がよく聞いていた演歌のカセットテープは捨てられないよ。ネクタイは1本だけ形見でもらって使っている。

●親戚や知人のXさん、Yさん、Zさんらは皆亡くなった。介護施設に入った。大分少なくなったよ。彼らに伝言しておくことはないかい。

●実家は地震で建具が傷んで住めなくなった。屋根もかなり傷んで雨漏りが心配だ。いつ取り壊そうか。それともとっておいてほしいか。

●あの不動産に関する書類がみつからない。どこにしまってあるのか。それともそもそもないのか教えて欲しい。みつからなくて随分苦労したよ。

●所有地の造成でいろいろもめました。弁護士も使ってようやくおさめました。父母が苦労したかもしれない近隣との関係や心配事のいくつかは私が片付けました。

●遊休所有地の一部は売却したよ。この他にも子ども達には引き継がせるには厄介な土地は処分していくから。父母が一生懸命守ってきた土地だったのかもしれないけどごめんよ。

●2人の子どもは大学生と中学生でこんなに大きくなったよ。特に長男は父に、次男は母によく似ているだろう。

●不動産賃貸は物件を更新しつつも、むやみな拡大をせず堅調にやってきたよ。賃料収入は放蕩せずに、ちゃんと蓄えているよ。その蓄えを更に堅実に増やす方法も覚えたよ。

●仕事は新卒で入った会社でこれまでずっと働き続けて来たよ。定年まで働くか少し早く辞めるかわからないけど、今はもう、それを自分で選択できる自由があるよ。

●子ども達の教育と相続の道筋をつけて、仕事も満足いくところまでやりきれば、もうリタイアしてもいいよね。怠け者なんて呼ばないでおくれ。

など等


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

実際には、仏壇に線香をあげながら、色々なことを語りかけます。

でも、何一つ返事はかえってきません。


今とこれからのことは、生きている者でしか決められません。

WATANKOは、父母にとって唯一の子どもでしたので、今は誰に頼ることもできず、なおさらそう思います。


では孤独なのかというとそうではありません。

妻と、父母によく似た2人の子どもがいますから。

今日は迎え盆です。昔のように親戚が集まってにぎやかになることはもうありませんが、家族と一緒に父母を偲びながら食事にでもいきましょう。

妻や子ども達にまだ話していない父母のエピソードは何だったかな。

いまやもうWATANKOの脳裏にしか残っていない父母の記憶を辿る暑い夏の日。

« 2018年8月の積み立て購入商品 | トップページ | 大比較!コスパで選べ、スーパーカー(その1)32台を選出 »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

日常生活で父の仕草などを思い出します。最近鏡を見て思い出すことも64歳で亡くなった父と7歳違いの今の自分、年々似てきますわ。

たんちんさん

コメントありがとうございます。

父上が64歳とはお早く亡くなられましたね。

自分も年を取ってくると、父親ににてきたと妻に時折言われます。
それが良いところなのか、嫌なところなのか・・・。

昨年母を亡くした事もあり、WATANKOさんの想いに心揺さぶられ
思わず涙が出ました。2週間ほど意識の無かった母が、亡くなる数日前に
突然意識を取り戻し会話する事が出来ました。しかしろれつが回らず、
何を言っているのかわかりません。母の真意を汲み取ろうと、色々話しましたが
わからず、その時の母の残念そうな顔が今でも目に浮かびます。

母は何を私に伝えたかったのかな。。

結局 それが母との最後の会話になってしまいました。

kamaさん

コメントありがとうございました。

昨年のご不幸、お忍び申しあげます。

お盆の時くらいは、亡き親やご先祖様に思いっきり想いを馳せてよいでしょう。

WATANKOは墓や実家の掃除をする時も、両親に声をかけています。

どこかで聞いてくれている予感がするものなので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95774/67047747

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の日くらい、亡くなった父母に会って話してみたい:

« 2018年8月の積み立て購入商品 | トップページ | 大比較!コスパで選べ、スーパーカー(その1)32台を選出 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト